ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第7章  科学技術システムの改革
第6節  科学技術・理科教育及び国民の科学技術に対する理解増進活動の推進
3  国民の科学技術に対する信頼の獲得


 科学技術の進展により人類は科学技術の恩恵を大きく受ける一方で,航空機や原子力施設などにおける事故,自然環境や生活環境の悪化,クローン人間のような生命の根元にかかわる倫理的問題などに直面することとなり,科学技術に対する不安感・不信感を芽生えさせる結果となってきています。今後,ますます発展する科学技術が円滑に社会に受け入れられていくためには,いかに科学技術と社会との交流を深めていくかが大きな課題となってきています。

 このため,国においては,科学技術関係者の社会的責任意識及び倫理観の醸成に努めるとともに,施策の推進に当たっては,その内容を十分に国民に対して説明するアカウンタビリティを十分果たすとともに,最先端の科学技術の内容や複雑な科学技術に係るトラブル等を分かりやすく説明する展示解説員(インタープリター)の養成,確保をし,活躍の場を設けることが重要と考えます。これら施策を進めた上で,国民には単なる情報の受け手としてではなく,科学技術への期待,不安などを積極的に表明してもらうなど,双方向の交流を拡充することが重要であり,そのための施策にも積極的に取り組んでいくこととしています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ