ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第7章  科学技術システムの改革
第6節  科学技術・理科教育及び国民の科学技術に対する理解増進活動の推進
1  「科学技術・理科大好きプラン」の推進


 我が国が21世紀において,活力にあふれ,豊かで安全・安心な社会を構築するとともに,国際社会に積極的に貢献していくためには,科学技術の一層の振興により「科学技術創造立国」を実現することが必要です。

 しかしながら,昨今,青少年をはじめとする国民の「科学技術離れ」「理科離れ」が指摘されています。経済協力開発機構(OECD)や国際教育到達度評価学会(IEA)が実施した国際比較調査の結果を見ると,児童生徒の理科の成績は国際的に見ても上位に位置しているものの,一方で「理科が好き」,「将来,科学を使う仕事がしたい」などとする者の割合は国際的に見て最低レベルに位置しているなどの問題が見受けられます。

 このような状況を改善するためには,科学技術・理科教育の充実のための取組を国として推進する必要があります。文部科学省では平成14年度より,「科学技術・理科大好きプラン」として,下記の施策をはじめとした様々な取組を総合的・一体的に推進しています。


(1) スーパーサイエンスハイスクール

 文部科学省では,平成14年度から科学技術・理科,数学教育を重点的に行う学校をスーパーサイエンスハイスクール(SSH)として指定し,理科・数学に重点を置いた教育課程開発や大学,研究機関等との効果的な連携方策についての研究を実施しています。このようなスーパーサイエンスハイスクールにおける研究に必要な経費については,国からの支援も行われます。平成14年度においては全国26校の高等学校を指定し,指定校では科学技術・理科,数学教育について特色のある取組が進められています。


表2-7-5 スーパーサイエンスハイスクール一覧


(2) サイエンス・パートナーシップ・プログラム

 子どもたちが知的好奇心や探究心を持って科学技術に親しむためには,第一線の研究者・技術者などの人材や先進的な研究施設・実験装置等,科学技術・理科教育に活用できる様々な資源を有する大学,公的研究機関,民間企業等と教育現場との連携を推進することが有効です。このため,文部科学省では,平成14年度からサイエンス・パートナーシップ・プログラム(SPP)事業を推進しています。サイエンス・パートナーシップ・プログラム事業では,大学,研究機関等の研究者・技術者を中学校,高等学校等に招いて実施する特別講義や,大学・研究機関等において中学生・高校生などが最先端の科学技術を体験・学習する科学技術・理科学習プログラム,各都道府県教育委員会等や大学・研究機関等において実施する教員研修に対する支援等を行っているほか,最新の科学技術に関する研究者の業績についての情報発信等を行っていく予定です。



(3) 科学技術・理科教育用デジタル教材の開発

 研究機関等において開発されたシミュレーションソフトウェアや観測データ等の最新の研究成果を活用した先進的な科学技術・理科教育用デジタル教材を開発する(Rika-e Initiative)とともに,児童生徒の知的好奇心・探究心に応じた形で,学校等における科学技術・理科教育に提供するためのシステムの研究開発を行っており,「教育の情報化」で整備される予定のコンピュータやインターネット環境を活用して,教育現場等に提供されるよう開発を進めています。



前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ