ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第7章  科学技術システムの改革
第3節  優れた若手研究者・技術者の養成・確保
2  新興分野の機動的な研究人材養成


 文部科学省では,科学技術振興調整費を活用して,科学技術の振興にとって重要領域ではあるが人材が不足しており,戦略的な人材養成により,世界における我が国の地位を確保する必要がある新興の研究分野において,プロフェッショナルを早期に育成するための講座・部門規模のユニットを機動的に設置し,大学院修士課程以上のレベルの実務者・研究者などを対象として研究人材の養成を機動的に進めています。

 平成14年度は,以下の分野を対象としており,現在, 表2-7-5 のとおり,15の人材養成ユニットを設置して人材養成を進めています。

表2-7-5 新興分野人材養成プログラムによって設置された人材養成ユニット一覧

{1}バイオインフォマティクス(システム生物学を含む)及びバイオスタティスティクス(特 に医学応用を目指したもの) {2}基盤的ソフトウェア {3}計算機を活用した物質・材料・プロセス開発 {4}知的財産(保護・活用に関する社会科学と科学技術との両面にまたがる領域)

前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ