ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第7章  科学技術システムの改革
第1節  研究開発システムの改革
1  競争的な研究開発環境の整備


 科学技術システム改革においては,研究者が研究機関の外部から競争的資金を獲得することに加え,研究機関の内部でも競争的な環境を醸成するなど,あらゆる局面で競争原理が働き,個人の能力が最大限に発揮される研究環境の整備が重要です。


(1) 競争的資金の改革と拡充

 競争的資金は,研究者等から提案された研究開発課題について,事前審査を経て配分される資金であり,研究者の研究費の選択の幅と自由度を拡大し,競争的な研究開発環境の形成に貢献する重要なものです。このため,第2期科学技術基本計画(以下「科学技術基本計画」とする)においては,計画期間中に競争的資金の倍増を目指すこととされており,これに併せて,競争的資金の効果を最大限に発揮させるために,評価の方法を中心に改革を徹底することが掲げられています。

 文部科学省においては,競争的な研究開発環境が構築されるよう,科学研究費補助金,戦略的創造研究推進事業,科学技術振興調整費等の,我が国を代表する特色ある競争的資金の倍増を目指すとともに,科学技術基本計画,総合科学技術会議の方針を踏まえながら,評価等の改革を図っています。

 また,競争的資金により,優秀な研究者,研究支援者を雇用できるよう従来から措置していましたが,より有効に活用されるよう制度の改善・周知に努めていくこととしています。


(2) 間接経費の拡充

 競争的資金の拡充によって,研究に直接使われる経費は増加しています。競争的資金をより効果的・効率的に使うために,研究の実施に伴う研究機関の管理等に必要な経費(間接経費)を手当てする必要があります。

 間接経費は,競争的資金を獲得した研究者の研究開発環境の改善や研究機関全体の機能の向上に活用されることで,研究機関間の競争を促し,研究の質を高めるものになります。

 そのため,科学技術基本計画においては,競争的資金を獲得した研究者の属する研究機関に対して,研究費に対する一定比率(当面30%程度)の間接経費を配分することが盛り込まれています。

 文部科学省としても,平成13年度から導入を開始した間接経費の一層の拡大を図っていくとともに,効果的かつ効率的な活用及び円滑な運用に努めていきます。

表2-7-1 競争的資金制度の概要(文部科学省における制度)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ