ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第6章  研究開発の戦略的重点化
第7節  分野融合領域の研究の推進
(2)  バイオインフォマティクス研究の推進


 近年のゲノム科学研究によってゲノム関連情報が大量に産出され,国民生活に直接役立つ素材として注目されていますが,今後は,これを役立てる手段としてのライフサイエンスとIT(情報技術)との融合分野であるバイオインフォマティクスの発展が必須です。このため,科学技術振興事業団のバイオインフォマティクス推進センターにおいて生物系と情報系の研究者の協働によるゲノム解析ツール開発等を実施するとともに,世界3大拠点の一つである,国立遺伝学研究所が運営するDDBJ(日本DNAデータバンク)をはじめとするゲノム科学研究の展開に不可欠なゲノム関連データベースの高度化・標準化を進めています(参照: 第2節1(2) )。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ