ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第6章  研究開発の戦略的重点化
第3節  宇宙・航空分野の研究・開発及び利用の推進
5  航空分野の研究開発の推進


 文部科学省では,所管の独立行政法人航空宇宙技術研究所において,環境に優しくかつ経済性に優れた次世代超音速機の開発を進めるために重要な空力設計技術等の確立を目指して,国内の航空機メーカー等とも協力しつつ,小型超音速実験機の開発・飛行試験を中核とした研究開発を推進してきました。平成14年7月にロケット実験機を用いた第1回飛行実験を実施しましたが失敗に至っており,徹底した原因究明を行った上で,必要に応じ計画を見直すこととしています。このほか,国産航空機YS-11の胴体部分を使用した落下衝撃試験や,航空機エンジンの超低NOx(窒素酸化物)燃焼器技術の研究開発などの航空安全及び環境適合性技術に関する研究並びに電子計算機による数値シミュレーション等の基礎技術の研究を進めるとともに,各種風洞,エンジン試験設備等の大型試験研究設備を整備し,関係機関の共用に供する等,我が国の航空科学技術の発展を図る上で主導的な役割を果たしています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ