ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第6章  研究開発の戦略的重点化
第2節  重点4分野の研究開発の推進
2  情報通信分野の研究開発の重点的推進


 コンピュータとネットワークを中心とした情報通信技術(IT)は,現代社会を形成する主要な知的・創造的基盤です。情報通信分野における研究開発の重点的推進は,産業・経済の発展や社会の多様化につながるとともに,国民生活の向上に貢献する重要な課題となっています。

 情報通信分野は,第2期科学技術基本計画において,急速に進展し,高度情報通信社会の構築と情報通信産業やハイテク産業の拡大に直結する分野として,特に重点を置き,優先的に研究開発資源を配分すべき分野の一つとされています。また,「分野別推進戦略」(平成13年9月総合科学技術会議決定)において,情報通信分野では,

{1}ネットワークがすみずみまで行き渡った社会に向けた研究開発領域 {2}次世代のブレークスルーをもたらし将来の新しい産業の種となる領域 {3}広範な研究開発分野の基盤技術(研究開発の情報化)等

が重点的に研究開発を推進すべき領域とされています。

 さらに,IT基本法に基づく「e-Japan戦略」(平成13年1月IT戦略本部決定)等においても,世界最先端のIT国家の実現に必要な基盤技術等についての研究開発を推進するため,政府として情報通信分野の研究開発を戦略的に進めることとされています。


(1) 研究開発の推進方策について

 「分野別推進戦略」を受け,科学技術・学術審議会は,「情報科学技術に関する研究開発の推進方策について」(平成14年6月科学技術・学術審議会研究計画・評価分科会決定)を取りまとめました。この中では,研究開発を進める上では,

{1}情報科学技術は,直接的成果を生み出すだけでなく,すべての研究活動を支える研究基盤でもあることから,新しい時代に即した研究領域の創出,研究スタイルの構築

{2}社会の要請に的確にこたえることのできる高度で多様性のある研究者,技術者の養成

 等に配慮すべきであり,文部科学省としては,

(ア)基礎基盤的領域の研究ポテンシャルを活用した社会への積極的貢献 (イ)高度な研究を支える情報科学技術を活用した基盤の高度化,高機能化 (ウ)高度で多様性のある研究人材の養成・確保
  等の役割を果たすべきとされています。

(2) 情報通信分野における取組について

 文部科学省では,前述の推進方策等に基づき,研究領域ごとに,以下の施策を実施しています。

{1}ネットワークがすみずみまで行き渡った社会に向けた研究開発領域

 日本が優位な技術(モバイル,光,デバイス技術等)を核に,産学官の強力な連携の下で世界に先行して,ハードウェア技術とコンテンツ(情報内容)を含むソフトウェア技術を一体とした「高速・高信頼情報通信システム」を構築することにより,研究成果の社会経済への迅速な還元を目指すことが必要とされています。このため,大学等における情報通信技術研究のうち,次世代モバイルインターネット端末の開発等,実用化が期待できる技術等について研究を行う「世界最先端IT国家実現重点研究開発プロジェクト」等を推進しています。

{2}次世代のブレークスルーをもたらし将来の新しい産業の種となる領域

 次世代ヒューマンインターフェース技術等を用いた次世代情報通信技術,宇宙開発(通信),ナノ技術,バイオインフォマティクスなど,融合領域において他分野との連携の下で行う高度な情報通信技術の研究開発を推進することが必要とされています。このため,地上インフラと相互補完し,デジタル・デバイド解消にも資する「超高速インターネット社会実現に向けた宇宙インフラの構築(i-space計画)」等を推進しています。

{3}広範な研究開発分野の基盤技術(研究開発の情報化)

 5年後までに,科学技術データベースの整備,研究所・大学を高速ネットワークで結び,遠隔地で共同研究が行えるスーパーコンピュータネットワークや仮想研究所等の技術開発及び整備などを行うことが必要とされています。このため,(ア)先端的研究機関を最速10Gbpsの回線で接続する世界最速の研究ネットワークであるスーパーSINET構想の推進,(イ)国内に散在するスーパーコンピュータ・データベース等を高速ネットワーク上に共有化して,高度なシミュレーション等を行う仮想研究環境ITBL(IT-Based Laboratory)の構築と活用,(ウ)研究開発現場に高速研究情報ネットワーク等の高機能ITを活用することにより,スーパーコンピュータネットワーク上でのリアル実験環境の実現等,研究開発スタイルを変革し,新たな研究分野(融合研究領域等)の創出を目指す「『eサイエンス』実現プロジェクト」,(エ)国立大学において,電子ジャーナルを体系的に導入するとともに,大学等から発信される多様な研究情報から必要な情報を効果的に検索することを可能とする「学術コンテンツポータルシステム」等に取り組んでいるところです。

 このほか,国立情報学研究所等において,基礎から応用にわたる総合的・先端的な研究を行うとともに,科学研究費補助金により,情報分野において戦略的に重要な研究を重点的に推進していくこととしています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ