ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第4章  私立学校の振興のために
第2節  振興のための様々な施策
2  私立高等学校等に対する助成



(1) 経常費助成費に対する補助

 私立の高等学校,中等教育学校,中学校,小学校,幼稚園及び特殊教育諸学校の運営のための経常的経費については都道府県が助成していますが,国は,初等中等教育の全国的水準の維持向上を図る観点から,都道府県に対する国庫補助を実施しています。また,地方交付税も措置されています。国庫補助金の配分に当たっては,都道府県の助成水準(生徒一人当たりの補助単価の高低)に応じて配分し,都道府県における積極的な取組を促すよう配慮しています。

 平成14年度は,前年度予算額に対し55億円増の977億5,000万円を措置しています( 図2-4-3 )。また,地方交付税についても充実が図られています。

図2-4-3 私立高等学校等経常費助成費補助金の推移


 国庫補助金においては,一般補助の中で,学校の安全対策に必要な経費等を単価に盛り込んで措置するとともに,コンピュータ整備等のIT教育環境の充実,体験学習や少人数教育等きめ細かな学習指導の推進など,豊かな心と学力を身につける教育の推進に必要な経費に対する補助を行うことにより私立高等学校等における教育条件の向上等を図っています。

 特別補助については,社会人講師や補助教員等の活用に対する補助や幼稚園における預かり保育,子育て推進事業などの補助の充実を図っています。また,「授業料減免事業臨時特別経費」についても引き続き措置し,保護者等の失職・倒産による家計急変を対象とした授業料減免措置に対する補助を行うこととしています。

 なお,各都道府県においては,経常費助成費の配分について,教育条件の整備状況等に応じた傾斜配分や特別補助の実施を通じて,私立学校の経営努力を促しつつ,特色ある教育が推進されるよう配慮しています。


(2) 施設・設備等の整備に対する補助

 私立高等学校等におけるIT教育の充実を図るため,コンピュータ等のIT教育設備の購入に要する経費の一部を補助する「私立高等学校等IT教育設備整備推進事業」を創設しました。平成14年度は9億2,500万円を計上しています。また,施設整備については,IT教育の推進をはじめとする諸課題に対応できるよう,校舎施設の機能をより高めることを目的とした補助を推進する観点から,{1}校内LAN,施設のバリアフリー化等の改造工事,{2}防災機能及び安全機能強化のための施設整備に対する補助,{3}環境へ配慮した施設づくりと環境教育のための施設整備等を推進することし,平成14年度は20億8,900万円を計上しています。


(3) 教員研修事業費等に対する補助

 私立学校における教育指導の充実を図るため,(財)日本私学教育研究所における研究事業費及び設備費の一部と,同研究所が私立高等学校等の新任教員を対象に実施する初任者研修事業費に要する経費の一部を補助しており,平成14年度は5,206万円を計上しています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ