ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第4章  私立学校の振興のために
第2節  振興のための様々な施策
1  私立大学等に対する助成



(1) 経常費に対する補助

 私立の大学,短期大学,高等専門学校における教育研究に必要な経常的経費(教職員の給与費,教育研究費等)について補助しています。

 この補助には,大きく分けて「一般補助」,「特別補助」及び「私立大学教育研究高度化推進特別補助」があります。「一般補助」は,教職員の給与費や基盤的な教育研究経費,教職員福利厚生費,厚生補導費などを対象としています。配分については,効果的・効率的に行う観点から,{1}学生定員の管理状況,{2}専任教員1人当たりの学生数,{3}学生納付金の教育研究経費への還元状況等の客観的な指標に応じて,教育研究条件の取組が優れた大学等に対し多くの補助がなされるよう配慮しています。

 「特別補助」は,{1}社会人のキャリアアップ推進の観点から社会人の受入れや公開講座の実施に係る経費,{2}小人数教育やインターンシップの推進等大学等の学習機会の多様化に係る経費等,社会的要請の強い特色ある教育研究に対する経費について充実を図っています。

 「私立大学教育研究高度化推進特別補助」は,世界水準の大学づくりを目指す観点から創設されたもので,{1}優れた教育研究を実践する卓越した大学院への支援,{2}先端的・先導的学術研究の推進,{3}学部における教育の質の向上や教育システムの改善,{4}教育研究の高度情報化の推進を通じて,意欲と可能性に富んだ私立大学への重点的支援を行い,私立大学における教育及び学術研究の飛躍的向上を図るものです。なお,本補助は,競争的観点を重視しつつ世界に開かれた優れた大学を育成する観点から,外部の学識経験者からなる委員会における審査を経た上で配分しています。

 平成14年度は,前年度予算額に比べ55億円増額の3,197億5,000万円を計上しています( 図2-4-1 )。

図2-4-1 私立大学等経常費補助金の推移



(2) 施設・設備等の整備に対する補助

 私立大学等に対する施設・設備等の整備については,{1}研究基盤の整備及び研究機能の高度化を推進するため,優れた研究組織に対する重点的かつ総合的な補助を行う「私立大学学術研究高度化推進事業」,{2}高度情報化に対応した「マルチメディア装置」や「パソコン等設備」及び「学内LAN」の整備等に対する補助,{3}校舎等の「耐震補強工事」や「バリアフリー 化工事」等に対する補助,を実施しています。補助金の配分は,外部の学識経験者からなる委員会において審査・選定を行っています。

 平成14年度においては,「私立大学学術研究高度化推進事業」の一つとして,大企業やベンチャー企業又は地域企業等との連携により行われる実用性の高い又は地場産業の振興に資する優れた共同研究に対し,重点的かつ総合的な補助を行う「産学連携研究推進事業」及びインターネットを活用した海外を含む他大学との教育研究の連携・交流を支援する「サイバーキャンパス整備事業」を創設するなど,242億5,857万円を計上しています( 図2-4-2 )。

図2-4-2 私立大学等に対する施設・整備費の補助金額の推移


* バリアフリー

 障害のある人が社会生活をしていく上で障壁(バリア)となるものを除去するという意味で,もともと住宅建築用語で登場し,段差等の物理的障壁の除去をいうことが多いが,より広く障害者の社会参加を困難にしている社会的,制度的,心理的なすべての障壁の除去という意味でも用いられる。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ