ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第3章  高等教育の多様な発展のために
第4節  高等教育機関の多様な展開
2  国立大学の整備充実



(1) 教育研究環境の改善

 国立大学における教育研究は,今日の我が国の繁栄の基礎であり,教育研究費や設備等の教育研究条件の改善充実は緊急かつ重要な課題です。文部科学省としては,国立大学の構造改革の推進や老朽・狭あい化の解消など,国立大学を取り巻く喫緊の課題に積極的に取り組む一方,教育研究経費の一層の合理化・効率化・重点化を図ることにより,予算の充実に努め,平成14年度は以下のような措置を行いました。

{1}教育研究費関係
(ア)大学院の更なる教育研究の高度化及び産業の創出につながる創造性豊かな研究者並びに高度専門職業人養成の推進に資する経費等として,「大学院教育充実支援経費」を確保 (イ)学長のリーダーシップを発揮し得る環境の整備を図り,各大学の自主的な改革努力をより実のあるものにしていくため,「教育改善推進費(学長裁量経費)」を確保

{2}設備費関係
(ア)研究科,専攻科の設置等に伴う教育研究環境の整備・充実を図るため,「大学院教育研究設備費」を確保 (イ)理工系学部における実験実習教育の高度化・現代化を推進するため,「理工系教育高度化設備費」を確保

{3}その他(地域貢献)
(ア)国立大学の地域貢献を促進するため,自治体と国立大学の双方が一体となって取り組む事業のうち,特に優れた取組を重点的に支援するため,「地域貢献特別支援事業費」を創設

(2) 教育研究組織の整備充実

 文部科学省では教育研究組織の整備充実を図っていますが,平成14年度は以下のような措置を行いました。

{1}学部教育の整備

 看護師等社会的要請の強い分野の人材養成に対応するため,秋田大学,信州大学,九州大学の医学部に保健学科を,筑波大学の医学専門学群に看護・医療科学類を設置しました(医療技術短期大学部の改組,平成14年10月)。

 また,学問の進展や時代の変化に対応し,工学・農学等の分野において,4大学17学科の改組を行いました。

 このほか,生涯学習社会への対応等の観点から,編入学定員を140人増員しました。

{2}大学院の整備充実

 国立大学の大学院については,学術研究の動向や社会的要請に対応して,先端的・学際的分野等の教育研究を推進するため,学部とは独立の組織としての大学院の整備をはじめ,留学生の受入体制の整備,活発な研究を行っている学外の研究所等との組織的連携の推進等を図っています。

 平成14年度は,研究科以外の基本組織として,東北大学と京都大学の大学院に「教育部」と「研究部」を設置しました。

 また,生命機能研究科,情報科学研究科,医歯薬学総合研究科など8大学に12研究科を,ファイバーアメニティ工学専攻 *1 ,プロテオミクス医科学専攻,ナノ構造先端材料工学専攻など31大学に61専攻を設置しました。さらに,高度の専門性を要する職業等に従事するのに必要な高度の専門的知識・能力の育成に特化した実践的教育を行う専門大学院として,神戸大学経営学研究科に現代経営学専攻を設置しました。

{3}附属病院の整備充実

 国立大学附属病院の整備については,新たに,近年の生命科学研究の急速な発展に対応し,その成果を実際に臨床応用に展開するための組織を拠点的に整備するほか,看護業務の改善充実を図るため所要の経費を措置しました。

 また,引き続き特殊診療施設の整備及び看護師等の増員を図るほか,専任リスク・マネジャー *2 の配置など医療事故の防止対策の徹底に努めていきます。


*1 ファイバーアメニティ工学専攻

 繊維材料を高機能化し,光ファイバーなどへ応用することにより,快適な社会づくりを目指す専攻。


*2 専任リスク・マネジャー

 医療現場でのヒヤリ・ハッとした事例報告を分析し,対策を講じるなど,医療事故防止のための職務に専任で当たる医療職。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ