ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第3章  高等教育の多様な発展のために
第2節  高等教育の質的水準の向上に向けて
4  医療人の育成


 患者の医療サービスに対するニーズが多様化・高度化し,生命科学が急速に進歩する今日の状況において,国民の期待にこたえ得る「良き医療人」の育成が一層重要となっています。文部科学省としても,卒前・卒後を通してその養成を担う各大学と協力しながら,様々な改革を行っています。


(1) 医学・歯学教育の改革の推進

 医学・歯学教育に関しては,平成12年3月に,「医学・歯学教育の在り方に関する調査研究協力者会議」を発足し,13年3月に「21世紀における医学・歯学教育の改善方策について」が報告され,これに基づき,改善・充実が急速に進められています。

{1}カリキュラム改革

 報告されたモデル・コア・カリキュラム は,

(ア)コミュニケーションや安全管理など,近年の課題への対応 (イ)講座間の縦割りを排した統合型カリキュラム (ウ)課題探求・問題解決能力の向上 (エ)選択科目,自学自修時間の確保

などを目的としています。現在,各大学では,これに基づきカリキュラム改革が行われており,既に多くの大学で新カリキュラムに移行しています。今後とも,引き続きより良い教育課程の編成への取組が期待されます。


* モデル・コア・カリキュラム

 全科目必修で重複が多く,知識詰め込み型との批判のあったカリキュラムを改めるため,医師・歯科医師として必要最小限の教育内容を科目横断的に提示したもの。

図2-3-4 医学・歯学教育の改革


* ガイドライン

 指導や施策の基本となる方針。また,その方針によって実施・運用する際の手引となるもの。

{2}共用試験の実施

 通常5・6年次に行われる臨床実習では,基本的な臨床能力を養成するためには,単なる見学型ではなく,診療チームの一員として診療に参加するクリニカル・クラークシップが重要ですが,このためには,臨床実習開始前の段階で,学生の態度,技能,知識が適切に評価される必要があります。このため,多くの医科大学(医学部)・歯科大学(歯学部)が共同で行う共用試験が行われており,現在,平成17年度からの本格実施を前にそのトライアルが実施されています。この共用試験の実施に関して,各大学での教育水準の維持向上を支援し,医学・歯学教育プログラムの開発研究等を行うため,全国共同利用施設として東京医科歯科大学に「医歯学教育システム研究センター」を設置しました。


(2) 医療人育成に関する当面の課題について

 平成14年度には,広島大学・長崎大学の大学院において医学,歯学及び薬学の境界領域に精通した人材の育成や横断的な教育研究体制を構築することを目的とした「医歯薬学総合研究科」を設置しました。さらに,ライフサイエンス分野の教育研究体制の充実を図るため,岐阜大学に再生医科学専攻,徳島大学にプロテオミクス 医科学専攻を設置し,先端生命科学分野を担う人材育成を推進することとしています。

 薬学教育については,平成14年10月に「薬学教育の改善・充実に関する調査研究協力者会議」を発足し,薬学教育におけるカリキュラムや実務実習など,大学における薬学教育の改善・充実について検討を行っています。

 看護師等医療技術者については,資質の高い看護師等の養成や,教員・研究者育成のために,看護等医療技術系大学・大学院の整備を進めるとともに,各大学がカリキュラムを弾力的に編成できるよう,養成施設の指定規則の大綱化を順次進めています。また,看護系大学の増加を踏まえて,平成13年6月に「看護学教育の在り方に関する検討会」を発足し,14年3月に「大学における看護実践能力の育成の充実に向けて」と題した報告書を取りまとめました。本報告の提言を受けて,現在各大学において,看護学教育の改善・充実が進められています。

 さらに,介護保険制度の導入などにより,福祉・介護関係人材の育成・確保や質的充実が社会的に強く求められており,大学等における育成体制の充実に努めています。


* プロテオミクス

 細胞に含まれる全てのタンパク質について,網羅的にその発現や性質・機能を解析する最先端の研究。我が国の「科学技術基本計画」におけるライフサイエンス分野の重点項目の1つとなっている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ