ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第3章  高等教育の多様な発展のために
第2節  高等教育の質的水準の向上に向けて
2  社会に開かれた高等教育



(1) 社会人受入れの推進など多様な学習ニーズへの対応

 技術革新の進展や産業構造の変化に伴い,職業人が大学院など高等教育機関において継続的に教育を受け,生涯にわたり最新かつ高度の知識・技術を修得することが重要になっています。

 また,生涯学習社会が進展する中,このような教育を推進することは,大学等の社会的責務であるとともに,教育研究の多様化・活性化など高等教育の改革を進める上でも重要な課題です。

 このため,各大学等において,社会人の受入れを推進するために,{1}社会人特別選抜制度の導入,{2}昼夜開講制の実施や夜間大学院の設置,{3}科目等履修生制度の活用,{4}高度専門職業人の養成に特化した専門大学院(修士課程)の設置,{5}大学院修士課程1年制コース・長期在学コースの設置,{6}大学院教育の一部を本校以外の場所で行うサテライト教室の設置など,弾力化された制度の活用を図りつつ,様々な試みが実施されています。

 平成14年度より,大学等における社会人の受入れを拡大するために,長期履修学生の受入れ,専門大学院1年制コースの設置,通信制博士課程の設置が可能となり,さらに専門職大学院制度も創設され,その活用が期待されています。

 また,平成14年度においては,大学等の高等教育機関に専門的な内容や先端の知識・技術の学習機会を提供するキャリアアップ *2 講座を開設するためのプログラム開発を推進する「大学等における社会人キャリアアップ推進事業」を実施し,キャリアアップを目指す社会人の受入体制を整備しています。


*2 キャリアアップ

 経歴を高めること。現在持っている以上の資格や能力を身につけること。


(2) 大学等と地域社会や産業界との連携・交流

 近年,社会経済が高度化,複雑化し,グローバル化が一層進展する中で,今後も我が国が活力ある社会を築き,国際社会での競争力を維持・強化するために,多様な社会の要請に対応できる高度な専門職業人や,新たな産業の創出につなぐことのできる創造性豊かで,起業家精神に富んだ人材の養成が求められています。

 また,「知的財産戦略大綱」(平成14年7月知的財産戦略会議決定)においても,起業家人材の育成を目的とし,工業所有権をはじめとする知的財産権への理解の促進を図るために,大学におけるビジネス講座の開設等,起業家精神を育成する環境の重要性が指摘されました。

 このため,大学が,その知的資源をもって,産業界の要請にこたえ,社会の発展に貢献していくためには,地域社会や産業界との連携・交流を強化することがますます重要になっており,大学等においては,次のような取組が実施されています。

(ア)産学共同教育プログラムの開発・実施

 社会人再教育の内容の充実や,学生の実践的能力の育成を図るため,IT分野などの社会的要請の高い分野において,企業と大学や大学院が共同して教育プログラムを開発し,先端的,かつ,実践的な講義を提供しています。平成14年度においては,北海道大学大学院経済学研究科をはじめ4大学院が教育プログラムを開発・実施しました。

(イ)インターンシップの実施

 学生が在学中に自らの専攻,将来のキャリアに関連した就業体験を行うインターンシップは,教育の改善・充実及び学生の学習意欲の喚起,高い職業意識の育成などの意義を有するものです。さらに,教育上の効果に加え,高等教育と地域社会・産業界との連携・交流や社会に開かれた学校づくりへの貢献など,その果たす役割にも期待が高まっており,インターンシップを授業科目として位置付けて実施している学校数は年々増加しています。

 文部科学省では,インターンシップを推進するために,{1}全国フォーラムの開催,{2}ガイドブックや事例集の作成・配布,{3}インターンシップを実施する大学等に対する財政的支援など,各種の施策を実施しています。

(ウ)社会人ブラッシュアップ教育 *1 の推進

 国立大学における社会人ブラッシュアップ教育についての地域の産業界関係者との協議,実験的取組を実施し,その結果を分析することにより,効果的な社会人ブラッシュアップ教育の推進を図っています。

 また,大学院における社会人ブラッシュアップ教育を推進するため,社会的要請の高い分野について,講座の新設(専攻の整備)を行っており,平成14年度予算においては,北海道大学大学院経済学研究科をはじめ4大学院に社会人ブラッシュアップ教育対応講座を新設しました。


*1 社会人ブラッシュアップ教育

 社会人が急速な技術革新の進展や産業構造の変化等に伴い,自らの陳腐化した知識や技術の高度化・豊富化等を図るため,自らを磨き上げるような,大学・大学院等で専門分野等における再教育を受けること。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ