ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第2章  初等中等教育の一層の充実のために
第1節  基礎学力を向上させ「生きる力」をはぐくむ教育を目指して
6  読書指導・学校図書館の充実のために



(1) 司書教諭の計画的養成・発令の促進

 新しい学習指導要領においては,各教科,道徳,特別活動,総合的な学習の時間において,学校図書館を計画的に利用し,その機能の活用を図り,児童生徒の主体的・意欲的な学習活動や読書活動を充実することとしています。司書教諭は,学校図書館の活用や児童生徒の読書活動を推進していく上で中核的役割を果たすものですが,平成15年4月からは,12学級以上の規模の学校に司書教諭を必ず置かなければならないことが学校図書館法により定められています。

 文部科学省では,各地方自治体において,対象となる学校に司書教諭の有資格者が必ず配置されるよう司書教諭養成講習会を全国72機関80会場で実施するなど,その養成に努めています。


(2) 学校図書館の充実

 読書活動は,児童生徒の知的活動を増進し,豊かな感性や情操をはぐくむ上で大きな役割を担っています。平成14年からの新学習指導要領の下,総合的な学習の時間の実施をはじめ各教科を通じ,児童生徒の主体的・意欲的な学習活動を展開していくことが求められており,公立義務教育諸学校の学校図書館図書の整備に要する経費について,平成14年度からの5か年で毎年約130億円,総額で約650億円の地方交付税措置が講じられることとされています。

 また,蔵書情報のデータベース化及び学校図書館などをネットワーク化した蔵書などの共同利用化を進め,蔵書を効果的に利用した教育実践の在り方などについて調査研究を実施する学校図書館資源共有型モデル地域事業を継続して実施しています。


(3) 学校における読書活動の推進

 平成13年12月に「子どもの読書活動の推進に関する法律」が公布・施行され,平成14年8月に,この法律の基づく「子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画」が閣議決定されました。

 計画は,すべての子どもがあらゆる機会に読書活動を行うことができるよう今後5年間の施策の基本的な方向と具体的な施策を定めたものです(参照: 第8章第6節2 )。

 学校教育においては,{1}幼児・児童生徒の読書習慣の形成のため,「朝の読書」や読み聞かせ,卒業までに一定量の読書を推奨するなどの取組を一層進めていくことや,{2}学校が家庭・地域と連携して読書活動を推進する取組の促進,{3}各地域で参考となるような事例の紹介・普及,{4}学校図書館の情報化や蔵書の充実などが盛り込まれています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ