ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第2章  初等中等教育の一層の充実のために
第1節  基礎学力を向上させ「生きる力」をはぐくむ教育を目指して
4  環境教育の推進



(1) 学校における環境教育の意義と現状

 環境問題は,人類の将来の生存と繁栄にとって緊急かつ重要な課題であり,恵み豊かな環境を守り私たちの子孫に引き継いでいくためには,環境への負荷が少ない持続的発展が可能な社会を構築する必要があります。

 このような状況の中,学校教育においては,子どもたちが環境を大切にし,よりよい環境づくりや環境の保全に配慮した行動がとれるようにするため,小・中・高等学校を通じ,児童生徒の発達段階に応じて,社会科,理科,家庭科等の教科や道徳,特別活動,総合的な学習の時間など学校の教育活動全体で環境教育が行われています。

 平成14年度から実施されている学習指導要領においても,各教科等における環境にかかわる内容を一層充実するとともに,体験的・問題解決的な学習を重視するなど,環境教育について改善・充実を図っています。


(2) 環境教育推進のための施策

 各学校では,身近な地域の環境問題の学習や,豊かな自然環境の中での様々な体験活動を通して自然の大切さを学ぶ学習など,様々な取組が進められています。文部科学省では,これらの取組を支援し,環境教育を一層振興するための施策を実施しています。具体的には,米国の提唱に係る「環境のための地球規模の学習及び観測(GLOBE)計画」に参加するモデル校や学校・家庭・地域が一体となって環境教育を推進するモデル市町村の指定,環境教育の優れた実践発表や研究協議を行う全国環境学習フェアの開催,環境教育担当教員の講習会などを行っています。さらに,児童生徒や教員がインターネット等を通じて環境教育に活用できる総合的な情報提供体制の整備を計画的に進めることとしています。


(3) 環境を配慮した学校施設(エコスクール)の整備促進

 近年,学校施設においても環境への負荷の低減に対応した施設づくりが求められています。平成9年度からは,環境を考慮した学校施設(エコスクール)の具体的な整備推進と実証的な検討を行うため,これに関するパイロット・モデル事業(実験的な事業)を実施し,児童生徒の環境教育の生きた教材として活用するとともに,今後の学校施設の設備充実を一層推進しているところです(参照: 第11章第1節3 )。また,特にエコスクールの環境教育への活用については,各種パンフレットや調査研究の報告書を作成・配布するなど地方公共団体への周知も行っています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ