ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   新しい時代の学校〜進む初等中等教育改革〜
第4章  信頼される学校づくりに向けて
第3節  楽しく安心できる学習環境の整備
2  学校における危機管理と安全対策


 事故・災害は日常生活のあらゆる場面で起きており,交通事故,自然災害,さらには暴力や誘拐のような犯罪による被害など,子どもたちは多様な危険にさられていると考えられます。学校の安全管理については,文部科学省では,これまでも,各都道府県教育委員会などに対して,外部からの侵入者による事件・事故などへの対応を含め,安全管理に関する点検項目を例示するなどして,安全への取組を充実するよう要請していました。しかしながら,平成13年6月,大阪教育大学附属池田小学校において,凶器を持った侵入者により,児童や教員の尊い命が失われるという前例のないいたましい事件が発生しました。

 何よりも,学校は子どもたちが安心して学ぶことができる場でなければなりません。文部科学省においては,この事件のいたましい犠牲を教訓としながら,平成14年度から,安全で安心できる学校の確立を目指し,学校安全と児童生徒の心の健康問題への対応(「心のケア」)の充実に総合的に取り組む「子ども安心プロジェクト」を実施するなど,警察をはじめとした関係機関・団体等との協力のもと,学校の安全対策の一層の充実に取り組んでいます。


(1) 学校における安全管理の徹底

 学校では,事故の要因となる学校環境や児童生徒などの学校生活における行動などの危険を早期に発見し,それらの危険を速やかに除去するなど,児童生徒などの安全確保のための体制を確立しておく必要があります。

 文部科学省では,池田小学校の事件を重く受け止め,各学校などに,学校の安全管理について緊急の再点検を,また類似の事件の再発防止の観点から,不審者への対応として学校の出入口での確認や校内の巡回など,各学校などにおいて緊急に実施すべき対策を指示しました。

 さらに,各自治体などの緊急の安全管理対策を支援するため,各自治体・学校の検討状況を踏まえ,「幼児児童生徒の安全確保及び学校の安全管理に関する緊急対策例」について,平成13年7月に各都道府県教育委員会等に通知しました。併せて緊急連絡の設備整備等を可能とする特別交付税措置など必要な財政措置を行いました。

 また,都道府県教育委員会等からの意見も参考に,平成13年8月に「幼児児童生徒の安全確保及び学校の安全管理についての点検項目(例)の改訂について」を各都道府県教育委員会等に通知しました。これを参考に,各学校では,学校種や学校・地域の状況等に応じて,点検項目を工夫したり,事故に対する危機管理マニュアルを作成するなどの取組が進んでいます。

 文部科学省においては,平成14年度から,安全で安心できる学校の確立を目指し,学校安全及び心のケアの充実に総合的に取り組む「子ども安心プロジェクト」を実施しています。この中で,{1}学校の安全管理に関する取組事例集や学校における危機管理マニュアルの作成・配布,{2}学校,家庭,地域の関係機関・団体等が連携して,地域社会全体で児童生徒の安全を守るための実践的取組の促進とその成果の全国的な普及,{3}PTSD(外傷後ストレス障害)などの児童生徒の心のケアを行う際に活用できる人材のデータベースの作成などに取り組んでいます。

 なお,学校は,子どもたちの活動の場として,また,地域住民の様々な活動の拠点として,学校の有する教育機能や施設を開放することが期待されています。学校施設の開放を積極的に推進していくためにも,子どもたちの安全確保が図られることが絶対条件であり,学校における安全管理について徹底していく必要があります。


(2) 学校施設における防犯対策

 安全な学校づくりのため,施設整備の観点からも防犯対策に取り組むことが重要です。このため,防犯対策の徹底を図る観点から,教室・職員室等の配置を換えることや門やフェンスの設置など,学校における安全管理対策の工事について,国庫補助の対象としています。

 また,学校施設の防犯対策等の在り方について,学識経験者等の協力を得て調査研究を実施するなどの取組を進め,平成14年11月には「学校施設の防犯対策について」の報告書を取りまとめたところです。そこでは,各学校施設において考慮すべき防犯対策の基本的な考え方や,具体的な防犯対策を計画・設計する際の留意点等が示されており,この報告を踏まえ,文部科学省では,関係機関・団体等と協力の上,学校施設の防犯対策に取り組んでいきます。


(3) 学校における安全教育の充実

 一方,学校では,児童生徒などが,自他の生命を尊重し,日常生活全般における安全のために必要な事柄を実践的に理解し,生涯を通じて安全な生活を送ることができるような態度や能力を養うことが大切です。このため,体育・保健体育科,道徳,特別活動などを中心に学校教育活動全体を通して,安全教育を行っています。

 文部科学省では,従来より各種教師用指導書や児童生徒のための啓発資料の作成・配布,学校安全に係る指導者のための研修会の開催などを実施しています。平成13年度においては,新しい学習指導要領の実施に向けて,学校安全参考資料「生きる力をはぐくむ学校での安全教育」を作成し,各都道府県・市町村教育委員会に配布しました。また,児童が様々な交通場面に存在する危険を事前に予測して,冷静な判断や決断によって危険を回避する技術を小学校段階から身に付けることができるよう「交通安全に関する危険予測学習教材」(小学校4・5・6年用)を作成し,全国の小学校に配布しました。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ