ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   新しい時代の学校〜進む初等中等教育改革〜
第3章  豊かな心の育成に向けて
第3節  豊かな心の育成を目指した取組
1  施策の基本的考え方


 このような子どもたちの状況にかんがみ,子どもたちの豊かな心をはぐくむためには,学校,家庭,地域がこれまで以上に十分に連携していく必要があります。特に,今の子どもたちに不足していると指摘されている社会性などをはぐくむ上でかぎとなる生活体験,社会体験,自然体験等の機会が日常的に得られない現状を踏まえ,学校,家庭,地域が連携し,体験活動の機会の充実等に計画的に取り組んでいく必要があります。このため,学校の取組の充実を図ることはもちろん,教育の原点である家庭の教育力や,学校や家庭を支える地域の教育力を高めていくために,様々な施策に取り組んでいくことが求められます。

 学校教育については,「心を育てる場」として自らの役割を見直し,道徳教育の充実等をはじめとする様々な取組を推進するとともに,学校が地域社会の教育の拠点であることを踏まえ,開かれた学校づくりを進めながら,家庭や地域それぞれの役割がしっかりと果たされるように支援をしていくことも大切な役割であると言えます。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ