ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   新しい時代の学校〜進む初等中等教育改革〜
第1章  我が国の初等中等教育の改革の歩みと今後の課題
第2節  初等中等教育をめぐる諸課題
2  学校教育の諸課題


 我が国社会の転換期にあって,子どもたち一人一人が健康に学び育ち,我が国が持続的に発展していくため,社会の存立の基盤である教育の役割はますます重要となり,国民の間にも,大きな期待があります。しかしながら,これまでの様々な取組みにもかかわらず,依然として,学校では,例えば,いじめ・暴力行為等の問題行動や不登校の増加等の課題に直面しています。これらの諸問題の背景には,様々な要因が複雑に絡み合っていますが,いまだに大幅な改善は図られていないのが現状です。そして,学ぶ意欲が低下している中で,学力の向上をいかに図っていくかが大きな課題となっています。

 こうした社会や教育の状況に対して,教育の根本にさかのぼって在り方の検討を行うため,平成12年3月に内閣総理大臣の下に教育改革国民会議が設けられ,12月に教育改革に関する報告が出されました。この報告では,人間性豊かな日本人の育成,一人一人の才能を伸ばし,創造性に富む人間の育成,新しい時代にふさわしい学校づくりの観点から具体的な提言が行われました。この提言を踏まえ,少人数授業や習熟度別指導の実施,体験活動の推進,指導力不足教員への対応等の具体的な施策が講じられています。今後,特に次のような観点を踏まえながら学校教育の一層の改革,改善を進めていく必要があります。

 第1に,学校教育の基本を,しっかりと確認することが大切です。
  教育は,子どもたち一人一人に確かな学力を身に付け,豊かな心をはぐくみ,自ら能力を最大限に伸ばすことを目標として,そのことと同時に国家や社会の形成者としての資質の育成を目指すものです。その実現のため,学校がその目的,目標をきちんと果たし,教員各人が高い専門性や使命感と情熱を持って日々の教育活動に当たることが何よりも重要です。  これまで海外から高い評価を受けてきた教育水準の維持・向上を図ること,自らを律し,他人を思いやる心,公共の精神,伝統や文化を大切にするなど豊かな心をはぐくむことなど,いつの時代においても大切にしなければならいない教育の目標の実現に取り組んでいかなければなりません。
 第2に,時代や社会の変化に適切に対応していくことが重要です。
  グローバル化の進展,情報ネットワーク社会の到来,知識社会の到来といった変化が,一層,加速しています。科学技術の発展は,21世紀においても社会の発展の原動力になることが期待されています。また,地球環境の保全が全世界の問題になるなど新たな課題も生まれています。さらに,社会の少子高齢化が急速に進行し教育の在り方に対して大きな影響を与えています。  このような社会の変化や新たな課題に対応し,教育の内容・方法の見直し改善を進めていくことが求められています。
 第3に,画一性から多様性,創造性へ,個性と能力を最大限に伸ばす教育を進めていく必要があります。
  先に述べたように,臨時教育審議会の提言以降の教育改革の大きな柱の一つに「個性重視の原則」があり,学校教育においても個性化・多様化を進める改革が進められています。ただ,我が国社会においては,同質志向や横並び意識が根強いこともあり,学校教育がややもすれば過度の画一主義に陥りがちになるところがありました。今後,社会の変化に柔軟かつ積極的に対応しながら,より一層,一人一人の個性,能力を伸ばしていくことができるよう,きめ細やかな教育を進めていく必要があります。しかし,個性や能力を伸長するために必要な基礎・基本の習得やそれを生かして自ら考え,主体的に判断,行動する資質をはぐくむことなどを忘れてはなりません。個性化・多様化は,社会の一員として持つべき資質を身に付けた上で,可能な限り個に応じた多様な教育の途を用意して,能力の伸長を図ることが大切です。
 第4に,学校においても保護者,住民等に対する説明責任を十分に果たすとともに,教育委員会が地域に根ざした主体的かつ積極的な教育行政を展開する観点が重要です。
  学校が,保護者や地域住民の信頼にこたえ,開かれた学校づくりを進めていくためには,学校で何が行われ何が課題となっているかなど,様々な情報を公開し,保護者や地域住民に対して説明責任を果たしていくことが重要です。これまで,学校においては教育活動に関する評価や情報提供が十分機能してこなかったところがありました。学校における教育活動その他の学校運営の状況・成果を的確に把握して評価し,それに基づいて改善を図るとともに,評価結果を含めた情報を積極的に提供すること,このことが学校と保護者,地域との連携を深め,学校の信頼を高める上で極めて大切な課題となっています。  教育委員会においても,各学校の主体的かつ積極的な特色ある教育活動を支え,地域住民の多様な意向を踏まえ,地域に根ざした教育行政を進めていく必要があります。

 このような観点から,確かな学力の向上と豊かな心の育成を目指し,信頼される学校づくりに向けて現在,国は地方公共団体とともに,学校教育の改革を進めています。以下の章では,学校教育の現状について詳しく分析し,改革の具体的な取組について説明します。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ