ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第12章  防災対策の充実
第3節  原子力防災対策
2  防災対策の向上のための取組


 文部科学省においては,上記の原子力災害対策特別措置法などに基づき,オフサイトセンターの整備,原子力防災専門官の現地での駐在,緊急時モニタリング体制,医療体制,専門家の現地派遣体制の整備,総合防災訓練の実施などに関する具体的な事業などを関係省庁や地方公共団体などと協力しつつ行っています。

 また,原子力発電施設などの緊急時において放出された放射性物質の拡散やそれによる被ばく線量当量を迅速に計算予測できるシステム(SPEEDIネットワークシステム)を整備し,関係各機関の間のネットワークを維持・管理するとともに,地方公共団体に対する技術的・財政的支援,地方公共団体の行う防災訓練への参画,防災業務関係者への原子力防災に関する研修を行っています。

 さらに,防災基本計画原子力災害対策編(中央防災会議決定)の改訂を踏まえて,「文部科学省防災業務計画」に原子力災害対策に関する記述を盛り込むなど,原子力災害時の関係機関の役割を規定した計画,マニュアル類の整備を政府全体の取組と並行しながら行っています。

緊急事態応急対策拠点施設(オフサイトセンター)(青森六ヶ所村)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ