ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第11章  新たな時代の文教施設を目指して
第2節  特色ある学校施設の充実に向けて
1  特色ある学校施設づくり



(1) 学校施設整備指針などの策定

 学校施設は,子どもたちが生き生きと学習や生活を行うことのできる安全で豊かな施設環境を確保し,教育内容・方法の多様化へ対応するための施設機能を備えることが必要です。

 このため,文部科学省では,学校種別ごとに,施設の計画・設計上の留意事項をまとめた「学校施設整備指針」を策定しています。

 平成13年3月には,新教育課程への対応や安全性の向上,防犯対策,環境との共生など現行の指針策定後の学校施設を取り巻く新たな課題に対応するため,小学校施設整備指針及び中学校施設整備指針を改訂しました。同指針では,子どもたちの主体的な活動を支援する施設整備の方策,安全でゆとりと潤いのある施設整備の方策,地域と連携した施設整備の方策などについて示しています。

 平成13年度は,幼稚園施設整備指針及び高等学校施設整備指針の改訂に取り組む予定です。

 また,具体的な施設整備の方策や留意点をまとめた「複合化及び高層化に伴う学校施設の計画・設計上の配慮について」「新しい時代に対応した学校図書館の施設・環境づくり」などの手引書なども発刊しています。


(2) 多様な学習内容・方法への対応

 近年,学校においては,コンピュータなどの多様な教材が日常的に使用されている状況にあります。また,一斉授業により整然と机を並べて行う学習形態だけでなく,多目的スペースを含む広い教室を利用してのティーム・ティーチング,グループ学習,個別学習など一人一人の個性を生かした多様な学習形態をとることが多くなってきています。

 このような状況を考慮し,文部科学省では,教育関係者をはじめ,人間工学,建築学などの関係分野の専門家の協力を得て,学校家具に関する調査研究を実施しました。その成果を基に,教室用机・いすの 日本工業規格(JIS) が平成11年8月に改正されています。

 主な改正点は,以下のとおりです。

{1} 多様な教材に対応できるよう,机面寸法を拡大し,多様な大きさを選択できるようにするなど,学習形態の変化に対応できるようにすること。
{2} グループ学習などの場合,机の高さを一定にできるよう座面高さ調整の可能ないすによって身長差に適用できるようにすること。
{3} 机やいすの材料・材質については,有害な物質の使用のみを規制し,ぬくもりを感じさせることのできるような木製の机の導入などの妨げとならないようにすること。
{4}  国際標準化機構(ISO)規格 との整合を図ること。

<日本工業規格(JIS)>

 鉱工業品の品質の改善,生産能率の増進,生産の合理化などを図る目的で制定された国家規格。


<国際標準化機構(ISO)規格>

 製品やサービスの国際交流を容易にし,国際間の協力を助長するために世界的な標準化及びその関連活動の発展促進を目指し,各国の代表から成る国際標準化機関が制定した国際規格。


(3) 余裕教室の活用

 近年,少子化による児童生徒数の減少などに伴い,都市部を中心に余裕教室が生じてきています。この余裕教室は,これまでの学校にはなかった“ゆとり”のスペースとして,特別教室や心の教室,また地域への開放という形で活用されるほか,社会教育施設,老人デイサービスセンターなど,学校以外の施設への転用も行われています。

余裕教室のデイサービスセンターへの転用(川崎市)

 文部科学省では,平成5年4月に「余裕教室活用指針」を策定したほか,9年11月に,余裕教室などを学校以外の施設に転用する場合の財産処分手続を改正し,その簡素化・明確化を図りました。

 また,厚生労働省と連携して,各種パンフレットを作成し(平成10年3月,11年1月),全国の教育委員会などに配布するとともに,11年2月には基本的考え方・具体的事例について取りまとめた「余裕教室の転用」を発刊,さらに13年2月には厚生労働省と共同で保育所への転用事例を取りまとめ,ホームページに掲載しています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ