ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第9章  文化による心豊かな社会の実現に向けて
第3節  地域における文化の振興
3  文化施設の運営の充実



(1) 美術館・博物館活動の充実

 文化庁では,学芸員の資質向上を図るため,国立美術館・博物館,大学などの協力により,学芸員の専門性を高める「文化庁キューレーター研修」を実施しています。

 また,国立博物館・美術館が所蔵する美術作品などを効果的に活用して巡回展及び講演会・シンポジウムを開催する「国立博物館・美術館所蔵名品巡回展」を実施しており,平成12年度は4館で実施し,13年度は4館で実施する予定です。さらに,13年度の新規の事業として,地域における美術作品などの巡回展・企画展などに係る事業に対して補助を行っています。

 このほか,新たに「まちに活(い)きるミュージアム構想」を中心とした美術館・歴史博物館の振興方策の策定を行います。


(2) 公立文化会館活性化事業

 地域における文化振興の拠点となる公立文化会館において, 2(2) の「芸術文化総合体験事業」を実施するとともに,公立文化会館に芸術監督などの専門家を派遣し,芸術文化に関する情報提供や活動などに対する指導助言を行う「芸術文化活動支援員」を派遣するほか,アートマネージメントや技術に関する職員の資質を更に向上させるための研修事業などを実施しています。

ふれあい教室 東京シティフィルハーモニック管弦楽団

第15回国民文化祭・ひろしま2000開会式・オープニング・フェスティバル


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ