ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第9章  文化による心豊かな社会の実現に向けて
第2節  芸術創造活動の推進
6  著作物の再販制度


 新聞,書籍・雑誌,レコード盤,音楽用テープ,音楽用CDといった著作物については,昭和28年以来,独占禁止法によって再販売価格維持制度(再販制度)が認められています。

 再販制度とは,新聞社,出版社,レコード会社などが取引先である卸売業者などに対して,卸売業者などが転売する価格(再販売価格)を示してこれを維持する制度です。本制度により,新聞販売店,書店,レコード店は,これらの著作物を定価販売することが可能となっています。

 文化庁では,再販制度は,国民のニーズの多様化,高度化に応じた多種多様な著作物を,身近な場所において容易に確実に入手することを可能にしているとの考えから,活字文化や音楽文化の振興普及のため,その維持・存続に向けて取り組んできたところですが,公正取引委員会は,平成13年3月,当面同制度を存置することとしました。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ