ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第7章  研究開発システム改革の推進
第6節  科学技術活動の国際化の推進
2  国際的研究交流の推進


 我が国は,従来から科学技術協力協定等の枠組みの下に海外諸国と幅広い国際協力を実施していますが,科学技術分野における我が国の国際貢献に対する海外諸国の期待にこたえるとともに,国際協調の中で我が国の科学技術の振興を図るため,国際研究交流を一層推進することが重要です。

 このため,日本学術振興会では,学術の国際交流事業を実施し,研究者交流,共同研究等を推進しているほか,アジア諸国と拠点大学方式による共同研究等を実施しています。また,我が国の若手研究者を海外に派遣する海外特別研究員制度,外国の若手研究者を我が国の大学・試験研究機関等に受け入れる外国人特別研究員制度等の事業を行っています。

 また,科学技術振興事業団においては,外国の公的研究機関と科学技術の基礎的分野で共同研究を行う国際共同研究事業や,我が国の研究者をアジア諸国等に派遣し研究交流を促進する研究協力者海外派遣事業,国内の若手研究者を海外の研究機関に派遣し独創的な研究成果の推進を図る若手研究員海外派遣事業,外国人研究者生活支援事業等を総合的に実施しています。

■図2-7-5■企業等との共同研究の実施状況

■図2-7-6■受託研究の受入状況


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ