ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第7章  研究開発システム改革の推進
第3節  創造的な研究機関・拠点の整備
2  戦略的な研究拠点の育成


 基礎研究をはじめとする研究活動を一層活性化するため,研究者が創造性を最大限に発揮できるよう柔軟かつ競争的で開かれた研究開発環境を実現するとともに,広く国内外の研究者を引き付けることのできる魅力的な研究開発環境を有する国際的研究開発拠点を育成することが重要です。

 このため,平成5年度から科学技術振興調整費を活用した中核的研究拠点育成制度により,世界の優れた研究者が集まる研究環境を有し,優れた研究成果を世界に発信する領域における基礎研究を柔軟で競争的な環境の下で強力に実施することを通じて,具体的構想を持って研究拠点の育成を図る国立試験研究機関の取組を支援しており, 表2-7-6 のとおり,各機関が育成対象として選定されています。

■表2-7-6■ 中核的研究拠点(COE)育成対象機関

 また,平成13年度からは,科学技術振興調整費を活用し,研究マネージャーの優れた構想とリーダーシップにより,自己努力を含む具体的な組織運営化構想(5年計画)をもって積極的に卓越した研究拠点を目指そうとする公的研究機関のうち,科学技術・学術審議会が審査した研究機関を育成するための新規プログラムを発足させました。

 平成13年度には,大阪大学工学研究科と東京大学先端科学技術研究センターが育成対象として選定されています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ