ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第7章  研究開発システム改革の推進
第2節  評価システムの改革
1  研究開発の評価の意義


 研究開発の評価は,研究開発活動の効率化・活性化を図り,創造性豊かなものにし,より優れた成果を上げていく上で必要不可欠なものです。

 評価を行うにあたっては,厳正に評価を行い,評価の結果を予算や人材などの資源の配分などに適切に活用することが必要です。

 評価結果に関しては,関係者内部だけにとどめておくのではなく,積極的に公開し,国民に対して国の研究開発の実態を知ってもらうことより,研究開発に国費を投入していくことに関して,広く国民の理解を得ることが大切です。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ