ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第6章  科学技術の戦略的重点化
第7節  宇宙分野の研究・開発・利用の推進
3  地球観測


 人工衛星による地球観測は,同一地点の観測データを繰り返し収集することができ,地上の移り変わりをグローバルな範囲で,詳細にしかも長期にわたってモニターすることができます。こうして得られる観測データを解析処理することにより,地球規模での環境の変化,台風や火山などの自然界の現象から,人間活動に伴う環境変化など,私たちの生活にかかわりの深い分野で活用することができます。

 日本からもこれまでに様々な地球観測衛星が打ち上げられ,環境問題の把握,災害モニタや資源探査など,様々な場面において世界各国で利用されています。宇宙開発事業団が開発に携わった,あるいはセンサを提供した地球観測衛星は以下のとおりです。


(1) 熱帯降雨観測衛星(TRMM)

 TRMMは,地球規模,特に熱帯地域の降雨現象を観測することにより,地球の水収支・エネルギー収支のメカニズムを解明することを目的としています。日米共同計画として,我が国が降雨レーダの開発とTRMMの打上げを担当し,米国が衛星バスと他のセンサ開発及び運用を担当しています。平成9年11月に打ち上げられ,現在運用中です。これまでに,台風の立体構造やエルニーニョ現象等の把握に貢献しています。


(2) 環境観測技術衛星(ADEOS-II)

 ADEOS-IIは,地球観測プラットフォーム技術衛星(ADEOS)による広域観測技術をさらに高度化し,人類共通の緊急課題である地球環境問題に係る全地球的規模の水・エネルギー循環のメカニズム解明に不可欠な地球科学データを取得することを目的としています。平成14年度後半の打上げを目指して準備を進めています。

環境観測技術衛星(ADEOS-II)


(3) 陸域観測技術衛星(ALOS)

 ALOSは,地球資源衛星1号(JERS-1)及びADEOSによる陸域観測技術を継承・発展させ,地図作成,地域観測,災害状況把握,資源探査等において有効なデータを提供し,社会に貢献することを目的とし,平成16年度打上げを目指して現在開発が進められています。


(4) 極軌道プラットフォーム衛星(EOS-PM1:AQUA)

 AQUAは,米国の地球観測システムの一つであり,既に打ち上げらている極軌道プラットフォーム衛星(EOS-AM1:TERRA)等と併せて,地球環境を一つのシステムとして解明することを目的としています。我が国は,AQUAに搭載する改良型高性能マイクロ波放射計(AMSR-E)の開発を進めています。ADEOS-II搭載センサ(AMSR)と併せて,地球環境の日変化をとらえることが可能となります。平成13年度に米国から打ち上げられる予定です。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ