ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第6章  科学技術の戦略的重点化
第7節  宇宙分野の研究・開発・利用の推進
1  宇宙誕生の謎(なぞ)を解く―天文学研究―


 天文学は,地球と生命をはぐくんだ広大な宇宙の未知の構造と進化を追い,人類の智の拡大とルーツの解明を目指す科学です。我が国の天文学は国立天文台を中核に進められ,目覚ましく発展しています。

 ハワイ島マウナケア山頂にある国立天文台の口径8.2m「すばる望遠鏡」は,これまで世界最高の性能をもつとされてきたハッブル宇宙望遠鏡を越え,宇宙の果てまでの銀河の90%をとらえる一方,現段階では説明できない未知の強い赤外線源が存在することも初めて明らかにしました。また,私たちの銀河系の中に,質量が太陽の数百分の1という惑星並みに小さな恒星を多量に発見するなど,世界最高の観測性能を証明する観測成果を多数発表しています。

 宇宙応用の電波三角測量で銀河系全域十万光年にわたる立体地図を作成する高精度VLBIネットワーク「VERA」は,水沢,鹿児島,父島,石垣島4施設の建設が進み,平成13年度から観測を開始しています。

 さらに世界初の重力波望遠鏡TAMA-300の観測精度を飛躍的に向上させ,あるいは最短波長の電波であるサブミリ波で未知の宇宙を探る新計画も進められるなど,日本の天文学には国際的にも大きな期待が寄せられています。

すばる望遠鏡のドームと観測制御棟


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ