ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第6章  科学技術の戦略的重点化
第6節  原子力の研究開発の推進
6  高速増殖炉サイクル技術の研究開発



(1) 高速増殖炉サイクル技術の位置付けと将来展望

 エネルギー資源に恵まれない我が国は,原子力発電に用いられるウラン資源を含め,ほとんどの資源を輸入に頼っています。しかし,ウラン資源は石油や石炭と異なり,プルトニウム等の有用な物質として再利用可能な資源であり,準国産エネルギーとしての安定供給が期待されています。このようにウラン資源をリサイクルして使用することを核燃料サイクルといいます。

 我が国では核燃料サイクルを推進することでウラン資源の有効活用と放射性廃棄物の適切な処理処分を図っていますが,中でもウラン資源の利用効率を飛躍的に高めることが期待される高速増殖炉及び関連する核燃料サイクル技術(以下「高速増殖炉サイクル技術」という。)は,現在知られている技術的,経済的に利用可能なウラン資源だけでも数百年にわたって原子力エネルギーを利用し続けることができる可能性や,高レベル放射性廃棄物に長期に残留する放射能を少なくして環境負荷を更に低減させる可能性を有するものであり,不透明な将来に備え,将来のエネルギーの有力な選択肢を確保しておく観点から着実にその研究開発に取り組むことが重要です。

■図2-6-4■核燃料サイクルの概念


(2) 高速増殖原型炉「もんじゅ」

 高速増殖原型炉「もんじゅ」は高速増殖炉サイクル技術のうち最も研究開発が進んでいるMOX燃料とナトリウム冷却を基本とする技術を用いた原子炉でかつ発電設備を有する我が国唯一の高速増殖炉プラントです。しかし,平成7年12月に冷却材のナトリウムが漏えいするという事故を起こし,現在はその運転を停止しています。

 「もんじゅ」のナトリウム漏えい事故に関して,科学技術庁(当時)は「もんじゅナトリウム漏えい事故調査・検討タスクフォース」を設置して事故の原因究明を行い,平成9年2月に報告書を取りまとめました。一方,原子力安全委員会は「もんじゅ安全性確認ワーキンググループ」を設置して原因究明及び再発防止策等について調査・審議し,12年9月には「もんじゅ」の安全性の確認について報告書が取りまとめられました。

 なお,「もんじゅ」の扱いを含む将来の高速増殖炉研究開発の在り方については,平成12年11月に原子力委員会が策定した「原子力長期計画」において,「もんじゅ」は我が国における高速増殖炉サイクル技術の研究開発の場の中核として位置付けられています。

 平成12年12月には,「もんじゅ」の運転再開に向けて,核燃料サイクル開発機構が地元自治体に対し,安全協定に基づく「もんじゅ」の改造工事等に係る事前了解願いを提出し,13年6月には地元自治体の了解の下,原子力安全・保安院に対して原子炉設置変更許可申請(国の安全審査入り)の提出がなされました。現在,安全規制当局により「もんじゅ」の安全性について厳正な審査が行われています。


(3) 高速増殖炉サイクル実用化戦略調査研究

 高速増殖炉サイクル技術の研究開発については,その技術の多様性に着目し,柔軟性を持った研究開発を行うことが重要です。平成11年7月から,高速増殖炉サイクル技術として適切な実用化像とそこに至るための研究開発計画を提示することを目的に,炉型選択,再処理法,燃料製造法等,高速増殖炉サイクル技術に関する多様な選択肢について,核燃料サイクル開発機構を中心として電気事業者等,関連する機関の協力を得つつ「実用化戦略調査研究」が実施されています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ