ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第6章  科学技術の戦略的重点化
第6節  原子力の研究開発の推進
1  原子力の研究開発に関する基本的方針


 我が国では,1950年代半ばから,原子力基本法に基づき,厳に平和利用に限り,安全確保を大前提として原子力の研究開発が進められてきています。

 現在,原子力エネルギーは国の主要なエネルギー源の一つとして,電力供給の3分の1以上をまかなっています。原子力エネルギーは供給安定性に優れており,発電過程において二酸化炭素などの温室効果ガスを排出することがなく,環境負荷が少ないという特色があり,今後も我が国の基幹電源として位置づけ,今後も最大限活用していくことが合理的です。

 なお,原子力発電は,経済性についても他の電源に比べ遜色(そんしょく)なく,発電コストが燃料費に左右されにくく安定性が高いという特徴があります。

 また,原子力発電は,我が国のエネルギー供給システムを経済性,供給安定性及び環境適合性に優れたものとすることに貢献しているが,核燃料サイクル技術は,この特性を技術的に向上させ,原子力発電をより長く利用できるようにする可能性を有することから,研究開発に取り組んでいくことが重要です。

 また,放射線利用についても,医療,農業,工業,環境保全など広範な分野で普及しており,健康で豊かな生活をもたらしています。

 さらに,原子力科学技術は,基礎科学分野で新たな知見をもたらすとともに,ライフサイエンスや物質材料系科学技術分野等に欠かせない研究手段をも提供しており,21世紀の人類の知的フロンティアと我が国の新産業の創出などに貢献するものと考えられます。

 このように,21世紀においても,引き続き国民生活に重要な役割を果たす原子力の研究,開発及び利用については,国民の各界各層の意見を集約し,国がその基本的な方向性を示す必要があり,平成12年11月,原子力委員会が新たな「原子力の研究,開発及び利用に関する長期計画」を策定しました。この「長期計画」では,第一に,原子力発電を引き続き基幹電源に位置付けるとともに,核燃料サイクルを基本とする,第二に,安全確保と防災,情報公開等による国民の信頼の確保,立地地域との共生が重要である,第三に,国民生活の向上,人類の知的フロンティアの開拓等の観点から,放射線利用の普及や原子力科学技術の研究開発に積極的に取り組むなどとされています。

 文部科学省は,この新しい「長期計画」に沿って,原子力の研究開発に着実に取り組んでいきます。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ