ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第6章  科学技術の戦略的重点化
第4節  環境分野の研究開発の重点的推進
4  資源の開発及びリサイクル


 我が国では,波のエネルギーを吸収して,後背海域を静穏化して養殖漁業に利用したり,圧縮空気を作り出し海水が汚濁した湾内において曝気(エアレーション)を行うことにより海域を浄化するなどの特徴を持つ,沖合浮体式波力装置「マイティーホエール」の開発が進められています。

 また,生ゴミの再利用・リサイクルを目的に,生ゴミを原料として生分解性プラスチック(ポリ乳酸)を製造する技術システムの開発や,焼酎粕,夏みかん加工滓(かす)等から有害物質を除去し,乳酸,クエン酸等を生産する研究等が進められています。


*IPRC:International Pacific Research Center


*IARC:International Arctic Research Center


*CEOS:Committee On Earth Global Observation Satellites


*IGOS:Integrated Global Observing Strategy


*IPCC:Intergovernmental Panel on Climate Change


*TRMM:Tropical Rainfall Measuring Mission


*ADEOS-II:Advanced Earth Observing Satellite-II


*ALOS:Advanced Land Observing Satellite


*ARGO:当初はArray for Real-time Geostrophic Oceanographyの略であったが,現在はギリシャ神話の英雄Jasonの乗った船Argoにちなんだものとされ,Jason衛星との連携をなぞらえている。


*COP:Conference of the Parties


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ