ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第6章  科学技術の戦略的重点化
第1節  基礎研究の推進
1  科学研究費補助金等研究費の充実



(1) 科学研究費補助金

 科学研究費補助金は,あらゆる分野の優れた学術研究を格段に発展させることを目的としている,我が国を代表する競争的資金であり,我が国の研究基盤を形成していくための基幹的経費です。これまで,数多くの独創的,革新的な知見を生み出し,優れた研究者を育て,新しい研究領域を開拓するなど,大きな成果をあげています。

 平成13年度の予算は,約1,580億円(対前年度比161億円増,11.3%増)となっています( 図2-6-1 )。この補助金は,研究者の多様なニーズにこたえるため,研究の目的・性格などに応じ, 表2-6-1 のような申請区分を設けています。

■図2-6-1■科学研究費補助金の予算額等の推移

■表2-6-1■科学研究費補助金の研究種目

 平成13年度には,安定的な研究の実施に必要な研究期間と研究費の確保を図る「基盤研究(S)」を創設するなど「基盤研究」の拡充を図るほか,科学研究費補助金による研究の中から特に優れた研究分野等に着目し,創造性豊かな学術研究の一層の推進を図る「学術創成研究費」の創設,新たに「ITの深化の基盤を拓(ひら)く情報学研究」及び「感染の成立と宿主応答の分子基盤」の研究領域を設定することによる「特定領域研究(C)」の拡充などを図っています。

 また,研究の実施に伴う研究機関の管理等に必要な経費として一部種目に「間接経費」を措置しました。

 さらに,当該研究遂行のために必要となる研究支援者を研究機関が雇用した場合に,その経費を科学研究費補助金(直接経費)から支出可能にするなどの改善を図りました。


(2) 戦略的創造研究推進事業

 科学技術創造立国を目指し,明日の科学技術の発展や新産業の創出につながる知的資産の形成を図るため,科学技術振興事業団に対する出資金を活用して,科学技術の種を社会のニーズに対応する新技術の芽に育てることを目的とした「戦略的創造研究推進事業」を実施しています。平成13年度の予算額は482億円(対前年比57億円増,11.8%増)となっています。

 本事業は,目的に応じた複数の事業から成り立っていますが,そのうち代表的な「戦略的基礎研究推進事業」においては,文部科学省が社会ニーズに基づいて設定した戦略目標の下に科学技術振興事業団が研究領域を設け,それぞれの領域において産学官を問わず研究テーマを公募して重点化した基礎研究を実施しています。平成13年度は,「遺伝子情報に基づくタンパク質解析を通した技術革新」,「先進医療の実現を目指した先端的基盤技術の探索・創出」,「新しい原理による高速大容量情報処理技術の構築」,「水の循環予測及び利用システムの構築」及び「ナノスケールにおける融合的革新技術の構築」という五つの戦略目標の下に研究領域を定め,第2期科学技術基本計画の重点4分野に焦点を絞った基礎研究を推進しました。( 図2-6-2 )

■図2-6-2■戦略的基礎研究推進事業の予算額及び課題数の推移

 そのほか,卓越した研究リーダーの下に組織の壁を越えた研究チームを結成して独創的な基礎研究を推進する「創造科学技術推進事業」,柔軟な発想とチャレンジ精神を持った若手研究者による基礎研究を積極的に推進する「若手個人研究推進事業」,基礎研究で得られた知見を速やかに社会還元につなげることを目指す「基礎的研究発展推進事業」を実施しています。


(3) 未来開拓学術研究推進事業

 我が国が科学技術創造立国を目指し,地球規模の問題の解決,経済・社会の発展,豊かな国民生活の実現などを図るためには,創造性豊かな学術研究を推進することが重要です。このため,日本学術振興会に対する出資金により,「未来開拓学術研究推進事業」を実施しています。この事業は,大学などの研究機能を活用して,研究者主導のトップダウン方式により学術の応用に関する研究を行うものです。平成13年度予算では約187億円を計上し,182のプロジェクトが,大学に委託するなどの方法で行われています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ