ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第4章  私立学校の振興のために
第2節  振興のための様々な施策
1  私立大学等に対する助成



(1) 経常費に対する補助

 私立の大学,短期大学,高等専門学校における教育研究に必要な経常的経費(教職員の給与費,教育研究費等)について,日本私立学校振興・共済事業団を通じて大学等を設置する学校法人に対し補助しています。

 補助金には「一般補助」と「特別補助」があります。「一般補助」は,教職員の給与費や基盤的な教育研究経費,教職員福利厚生費,厚生補導費などを対象としており,効果的・効率的な配分を行う観点から,{1}学生定員の管理状況,{2}専任教員一人当たりの学生数,{3}学生納付金の教育研究経費への還元状況等の客観的な指標に応じて,教育研究条件の取組が優れた大学等に対し多くの補助がなされるような傾斜配分をしています。

 「特別補助」は,{1}大学院の高度化や学術研究の推進,{2}情報化の推進,{3}国際交流の実施,{4}生涯学習の振興,{5}大学改革の推進等社会的要請の強い特色ある教育研究活動について,外部の学識経験者から成る委員会における審査を経た上で配分しています。

 平成13年度も引き続き厳しい国の財政事情の下ではありますが,前年度予算額に比べ72億円増額の3,142億5,000万円を計上し,大学審議会の答申や科学技術基本計画等を踏まえ,{1}専門大学院等高度専門職業人養成型の大学院,{2}先導的・独創的な研究を実施する大学院を中心とした研究組織,{3}きめ細やかな教育指導を実施する小人数教育や高等教育の改革に資する特色ある取組などに対し新たな補助を創設するとともに,{4}高度情報化社会に対応するための環境整備,{5}社会人の受入れや公開講座の実施など大学における生涯学習の推進,{6}教養教育改革や教育・学習方法の改善などの取組に対する補助の拡充を図っています( 図2-4-1 )。

■図2-4-1■私立大学等経常費補助金の推移

キャンパスの風景(関西大学)


(2) 施設・設備等の整備に対する補助

 私立大学等に対する施設・設備等の整備については,{1}研究基盤の整備及び研究機能の高度化を図るため,優れた研究組織に対し,重点的かつ総合的な補助を行う「私立大学学術研究高度化推進事業」,{2}IT革命に対応した「マルチメディア装置・設備及び学内LANの整備等に対する補助」,{3}校舎等の耐震補強工事やバリアフリー化工事等について補助を行う「私立大学等防災機能等強化緊急特別推進事業」を実施しています。補助金の配分は,外部の学識経験者から成る委員会における審査・選定を経た上で行っています。

 平成13年度においては,「私立大学学術研究高度化推進事業」の一つとして,学外の幅広い人材を受け入れたり,研究成果等を広く公開するなどオープンな体制の下で行われる研究に必要な施設・設備の整備等について,重点的かつ総合的な補助を行う「オープン・リサーチ・センター整備事業」を創設するなど,対前年度15億1,890万円増の251億7,799万円を計上しています( 図2-4-2 )。

■図2-4-2■私立大学等に対する施設・設備費の補助金額の推移


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ