ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第3章  高等教育の多様な発展のために
第2節  高等教育の質的水準の向上に向けて
4  医療人の育成


 患者の医療サービスに対するニーズが多様化・高度化し,生命科学が急速に進歩する今日の状況において,国民の期待にこたえ得る「良き医療人」の育成が非常に重要であり,文部科学省としても,卒前・卒後を通してその養成を担う各大学と協力しながら,様々な改革を行っています。


(1) 医学・歯学教育の改革の推進

 医学・歯学教育に関しては,平成11年8月に,「学士を対象とする医学・歯学教育の在り方に関する調査研究協力者会議」を,12年3月に,「医学・歯学教育の在り方に関する調査研究協力者会議」を発足し,医学・歯学教育の充実方策について検討を進めて,平成13年3月に両協力者会議の報告が取りまとめられました。

 両報告では,

{1} 入学者選抜,カリキュラム,教育体制など,現在の学士編入学制度の改善方針と,多様な人材育成を目指した学士編入学制度の拡充の方向性
{2} コミュニケーション,安全管理などの新たな課題への対応と,学問体系統合型,課題探求・解決型を目指した,本邦初のモデル・コア・カリキュラムの提示を柱としたカリキュラムの改革方策
{3} 大学間の共用試験を含めた臨床実習開始前の学生評価システムの構築をはじめとした,診療参加型臨床実習への円滑な移行のための方策
{4} 全国的な医学・歯学教育指導者を対象としたワークショップの開催や教育実績の評価を推進するためのガイドラインの提示など,教員及びその所属組織の教育能力開発の推進方策

など,様々な具体策が提示されています。

 これらの提言を受け,各大学においては,医学・歯学教育の改革への積極的な取組が始まっており,文部科学省としても,その実現に向けて協力,支援等を行うこととしています( 図2-3-5 )。

■図2-3-5■医学教育の主な施策


(2) 医療人育成に関する当面の課題について

 大学院における教育・研究については,公衆衛生分野の専門大学院を京都大学(平成12年度)及び九州大学(平成13年度)に設置したところです。

 薬剤師の養成については,薬学部における医療薬学及び実務実習を重視したカリキュラム改革や医療薬学系大学院の整備を推進しています。

 また,看護婦等医療技術者については,資質の高い看護婦等の養成や,教員・研究者の育成のために,看護等医療技術系大学・大学院の整備を進めるとともに,各大学がカリキュラムを弾力的に編成できるよう,養成施設の指定規則の大綱化を順次進めています。

 さらに,介護保険制度の導入などにより,福祉・介護関係人材の育成・確保や質的充実が社会的に強く求められており,今後とも大学等における育成体制の充実に努めていきます。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ