ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第2章  初等中等教育の一層の充実に向けて
第10節  学校の自主性・自律性の確立


 子ども一人一人の個性を尊重し,自ら学び考える力や豊かな人間性などの「生きる力」をはぐくんでいくためには,学校の自主性・自律性を確立し,校長のリーダーシップのもと組織的・機動的に学校運営がなされ,子どもや地域の実情に応じた創意工夫ある教育活動が展開されるようにすることが必要です。そして,学校,家庭,地域社会が連携協力して,地域全体として子ども達の成長を支えていくことが求められます。

 このため,文部科学省では,平成12年1月,学校教育法施行規則等を改正し,同年4月から{1}校長・教頭の資格要件の緩和,{2}職員会議の位置付けの明確化,{3}学校評議員制度の導入を行いました。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ