ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第2章  初等中等教育の一層の充実に向けて
第8節  より良い教科書のために
2  より良い教科書のための制度の充実・改善



(1) 教科書の検定

 教育の機会均等を実質的に保障し,全国的な教育水準の維持向上を図るため,学校教育法により,小・中・高等学校,中等教育学校及び特殊教育諸学校においては,文部科学大臣の検定を経た教科書又は文部科学省が著作の名義を有する教科書を使用しなければならないことになっています。

 教科書検定制度は,教科書の著作・編集を民間の発行者にゆだねることにより,著作者の創意工夫に期待するとともに,文部科学大臣が検定を行うことにより,客観的かつ公正であって,適切な教育的配慮がなされた教科書を確保することをねらいとしているものです。教科書の検定は,教科用図書検定基準に基づき,教科用図書検定調査審議会の審議を経て,公正かつ慎重に行われています。

 なお,この教科書検定制度については,平成14年度から実施される新学習指導要領の趣旨を踏まえた質の高い教科書が作成されるとともに,より一層簡素かつ透明な制度となるよう,検定意見の文書化を図るなど,教科用図書検定規則,教科用図書検定基準等の改正を行い,平成12年度から適用しています。


(2) 検定結果の公開

 国民の教科書に対する関心にこたえるため,文部科学省では,従来から,検定結果を公開しており,平成13年度は,東京都を含む全国8か所の公開会場で,平成14年度から使用される小学校用及び中学校用教科書の申請図書,教科書見本,検定不合格の図書についてはその理由書,教科用図書検定基準等の資料の公開を行いました。また,今年度から検定意見書及び検定意見に従って申請者が作成,提出した修正表も新たに公開しました。なお,東京会場は常設展示を行っています。

 また,文部科学省のホームページでも中学校歴史教科書の検定意見書や修正表をはじめとして教科書制度に関する各種の情報を提供しています。


(3) 教科書採択の改善

 教科書の採択とは,学校で使用する教科書を決定することであり,公立学校では都道府県・市町村の教育委員会,国・私立学校では校長が行っています。小・中学校の教科書については,都道府県教育委員会が,市町村の意見を聞いて市・郡の単位で採択地区を設定し,地区内の市町村の教育委員会が共同して種目ごとに同一の教科書を採択することになっています。

 教科書の採択に当たっては,採択権者の権限と責任により適切な採択を行う環境を整えるとともに,広く国民に開かれたものにしていくことが重要です。このため,保護者などの参加や,採択結果等の周知・公表などの「開かれた採択」に向けての改善を一層推進していくことが求められています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ