ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第2章  初等中等教育の一層の充実に向けて
第3節  魅力ある高等学校づくりと中高一貫教育
3  職業教育の活性化



(1) 職業教育の現状

 高等学校における職業教育は,農業,工業,商業,水産,家庭,看護など職業に関する教育を行う専門高校を中心に行われています。平成13年5月現在,専門高校の生徒数は,約91万人であり,高等学校の生徒数全体の22.4%を占めています。

 専門高校は,有為な職業人を多数育成するとともに,望ましい勤労観・職業観の育成や豊かな感性や創造性を養う総合的な人間教育の場としても大きな役割を果たしています。しかし,近年,社会や産業構造等が大きく変化するにしたがって,入学してくる生徒の多様化も進んでおり,専門高校の教育内容や指導方法等の一層の改善・充実が求められています。

 平成10年7月の理科教育及び産業教育審議会答申「今後の専門高校における教育の在り方等について」では,今後の専門高校における教育の改善・充実の方向として,{1}専門性の基礎・基本の重視,{2}社会の変化や産業の動向等に適切に対応した教育の展開,{3}地域や産業界とのパートナーシップの確立等が示されています。


(2) 職業教育の活性化に向けて

{1} 教育課程の改訂

 平成11年3月に告示された新しい高等学校学習指導要領では,職業に関する各教科について,専門性の基礎・基本を重視する観点から,科目数を全体として2割削減し,各教科・科目の内容を厳選するとともに,取扱いについて明確化を図りました。

 生徒の選択幅を拡大する観点からは,専門教科の必修単位数を削減(30単位以上から25単位以上)し,原則履修科目を各教科の基礎的な科目と「課題研究」の2科目に削減しました。各学校の創意工夫を生かした教育を展開する観点からは,標準的な学科に関する規定を削除しました。また,社会の変化や産業の動向等に対応する観点からは,バイオテクノロジーや製造技術のシステム化などの技術革新の進展,ビジネスの国際化,情報化等,産業の動向に適切に対応するため,農業・工業・商業等の既存の専門教科の内容の改訂を行いました。さらに,高度情報通信社会の中で,システムの設計・管理やマルチメディアの作品制作等に関する基礎的な知識と技術を身に付けた人材を育成するため,専門教科「情報」を創設するとともに,高齢化の進展する中で,高齢者や障害者への介護サービスに対応できる知識と技術を身に付けた人材を育成するため,専門教科「福祉」を創設しました。

 文部科学省では,教科「情報」「福祉」を担当する教員を養成することを目的として,平成13年度から大学において「情報」「福祉」の教員養成を開始するとともに,一定の要件を満たす現職教員等に免許を付与するための現職教員等講習会を12年度から3年計画で開催しています。

{2} 地域や産業界とのパートナーシップの推進

 平成10年7月の理科教育及び産業教育審議会答申では,専門高校と地域や産業界との間でのパートナーシップの重要性が提言されています。このため,文部科学省では,高校生のインターンシップの促進や学校開放などの取組を推進しています。

 また,広く国民に産業教育への理解を深めてもらうために,専門高校の生徒の研究発表や作品展示等を行う「全国産業教育フェア」を毎年開催しており,平成13年度は岐阜県において開催しました。各都道府県主催の「産業教育フェア」は,13年度には34の都道府県で予定されています。

 さらに,専門高校と小・中学校との連携による農林水産体験やものづくりなどに関する教育を推進するとともに,専門高校の活性化を図るため,「専門高校と小・中学校との連携推進事業」を平成13年度より新たに実施し,推進地域として全国で44地域を指定しています。

{3} 産業教育の振興

 文部科学省では,専門高校等における教育の振興を図るため,公・私立高等学校に対して,産業教育施設・設備基準に基づき,専門高校等において実験実習を行うために必要な経費の一部を補助しています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ