ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第1章  生涯学習時代の社会教育の活性化に向けて
第7節  男女共同参画社会の形成に向けた学習活動の振興
1  男女共同参画に関する学習機会の提供


 男女共同参画社会を実現するためには,国民一人一人が男女共同参画や自立の意識を有することが不可欠であり,こうした意識を涵養(かんよう)するため,学校,家庭,地域における教育・学習の果たす役割は極めて重要です。

 「男女共同参画基本計画」では,「男女共同参画を推進し多様な選択を可能にする教育・学習の充実」が重点目標の一つとして掲げられており,「社会教育においては,男女が生涯を通じて個人の尊厳,男女平等の意識を高めるよう,学習機会の提供に努める。」と施策の基本的方向が示されています。

 その具体的な取組の一つとして,文部科学省では,平成12年度から,幼児期から個性を大切にし,理由のない男女の固定的な役割分担意識にとらわれない,男女共同参画の視点に立った教育を家庭及び地域で推進するための調査研究事業を行っています。

 また,社会教育に携わる指導者向けの指導資料の作成,社会教育主事講習など様々な機会を活用して,男女共同参画についての意識啓発に努めています。

 この他,市町村が行う男女共同参画社会の形成などの現代的課題に関する学級・講座の開設,都道府県が行う男女共同参画アドバイザーの養成等に対して助成するなど,男女共同参画の視点に立った学習機会の提供に努めています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ