ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第1章  生涯学習時代の社会教育の活性化に向けて
第5節  多様な学習機会の充実
10  生涯学習の推進体制の整備



(1) 行政組織等の整備状況

{1} 文部科学省における整備状況

 文部科学省においては,教育の振興及び生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた人材の育成,学術,スポーツ及び文化の振興などを図るために必要な組織の整備を行いました。

 中でも地域振興の観点から,平成13年1月の文部科学省発足と同時に,地域の活性化に役立つ教育・文化・スポーツに関する事業や地域住民の学習活動に対する支援,地方公共団体が行う施策に関する情報の収集・提供などを行うため,生涯学習政策局政策課に新たに「地域政策室」を設置しました。

 同室においては,地域の生涯学習とまちづくりに関する情報を提供するため,ホームページ「あなたのまちの東京事務所」(http://chiiki-www.mext.go.jp/)を開設し,また,地域社会における様々な生涯学習を推進するための総合情報誌として,月刊誌「マナビィ」を平成13年7月に創刊しました。

生涯学習の総合情報誌「マナビィ」

{2} 地方公共団体における整備状況

 地方公共団体における行政組織等については,すべての都道府県で生涯学習担当部局が設置されており,さらに,生涯学習推進会議などの名称で,行政関係者,教育関係者,企業の代表者等で構成される連絡調整のための組織も整備されています。

 また,生涯学習振興法に基づき,各都道府県においては,生涯学習審議会の設置が進められており,平成13年4月現在,38都道府県で生涯学習審議会が設置されています。市町村においても,生涯学習推進体制の整備が着実に進展しており,2,764市町村で担当部局が設置されています。

「あなたのまちの東京事務所」ホームページ


(2) 都道府県の生涯学習振興計画

 都道府県においては,生涯学習推進会議や生涯学習審議会における審議等を受けて,生涯学習の振興のための基本計画や基本構想が数多く策定されており,その数は平成13年4月現在,38都道府県に及んでいます。また,市町村においても,1,544市町村が基本計画や基本構想を策定済みです。さらに,「生涯学習のまち」等の宣言を行って生涯学習の振興に努めている市町村も多く,その数は13年4月現在,159市町村となっています。


(3) 生涯学習推進センター

 各地域の生涯学習振興の拠点施設として,学習情報の提供や学習相談,学習需要の把握,学習プログラムの開発などを行う「生涯学習推進センター」の整備が進められており,都道府県立の施設だけでも,平成13年4月現在,37に及んでいます。

生涯学習市町村フォーラムの様子(静岡県掛川市)


(4) 全国生涯学習市町村協議会

 平成11年11月,全国の生涯学習によるまちづくりに取り組む市町村間の連携を強化し,情報交換や人材交流などのネットワークづくりを進めるため,「全国生涯学習市町村協議会」が発足し,13年11月現在,181の市町村が加盟しています(会長:榛村純一掛川市長)。

 平成12年度においては,生涯学習市町村フォーラムを全国5か所(愛媛県新居浜市,北海道千歳市,佐賀県多久市,茨城県阿見町,静岡県掛川市),生涯学習まちづくりサミットを三重県津市で開催しており,13年度においても様々な事業を実施することとしています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ