ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第1章  生涯学習時代の社会教育の活性化に向けて
第5節  多様な学習機会の充実
2  放送大学の整備・充実



(1) 生涯学習の中核的機関

 放送大学は,テレビ・ラジオなどの放送メディアを効果的に活用して広く大学教育の機会を提供する新しいタイプの大学として,昭和60年4月から学生の受入れを行っています。平成13年度第2学期においては全国で約9万人が学んでおり,これまでに約1万9千人の卒業生を送り出しています。放送大学で学んだ国民は,社会人をはじめ15歳から90歳代までと幅広く,その数は約66万人に及んでおり,我が国の生涯学習の中核的機関として大きな役割を果たしています。

 放送大学には,国民の高度化・多様化する学習需要にこたえるために,教養学部が設置され,豊かな教養を培うとともに,実生活に即した専門的学習を深められるよう,約320の授業科目を開設し,既存の学問分野にとらわれない形で,「生活科学」「産業・社会」「人文・自然」の3コースが設けられています。


(2) 全国化

 平成10年1月から,衛星放送を利用して放送エリアを全国に拡大し,これにより,日本全国どこでも,自宅等で大学の講義を受けることができるようになり,国民に身近な高等教育機関となっています。また,全国放送の開始に伴い,全都道府県に「学習センター」を設置し,10年10月から全国で卒業を目的とする学生の受入れを開始しました。13年10月には,全国50か所目の東京多摩学習センターを新設しました。さらに,11年度から,学習センターの機能のうち,放送授業番組の再視聴施設等を有する施設である「サテライトスペース」の設置を進めており,13年4月に4か所目の福山サテライトスペースを新設しました。このように,国民が学びやすい環境の整備に努めています。


(3) 大学院開設

 平成10年3月に通信制の大学院が制度化されたことから,放送大学においても,13年4月に高度専門職業人養成等を目指した大学院文化科学研究科(「総合文化プログラム」,「政策経営プログラム」,「教育開発プログラム」,「臨床心理プログラム」)を開設し,14年4月からの修士課程の学生受入れに向けて,諸準備を進めているところです。

放送大学(本部)

学習センターで放送大学の授業を視聴する学生


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ