ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   文教・科学技術施策の動向と展開
第1章  生涯学習時代の社会教育の活性化に向けて
第2節  地域で子どもを育てる環境の整備
1  体験活動の推進


 平成11年6月の生涯学習審議会答申「生活体験・自然体験が日本の子どもの心をはぐくむ」においては,生活体験・自然体験などが豊富な子どもほど,道徳観・正義感が充実している傾向が見られることを踏まえ,異年齢の友達や地域の人々とのかかわりの中で,様々な体験の機会を意図的・計画的に提供していくことにより,子どもたちに「生きる力」をはぐくんでいくことが重要であると指摘しています。

 文部科学省では,同答申も踏まえつつ,平成14年度からの完全学校週5日制の実施に向けて,地域で子どもを育てる環境を整備し,親と子どもたちの活動を振興する体制を整備するため,「全国子どもプラン(緊急3ヶ年戦略)」を策定し,関係省庁とも連携した子どもの多彩な体験活動機会と場の充実などをはじめとする施策を,推進しています。

 「全国子どもプラン」においては,

○ 親や子どもたちの様々な活動やボランティア等に関する情報提供を地域ごとに行う「子どもセンター」の全国展開
○ 各省庁と連携した共同事業をはじめとした,子どもたちの活動の機会と場の拡大
○ 悩みや不安を抱く子どもや親が,24時間いつでも気軽に電話等により相談できる体制整備

など,各般にわたる施策を進めています( 図2-1-1 )。

■図2-1-1■全国子どもプラン


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ