ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   21世紀の教育改革
第5章  知の時代の個性輝く大学づくり
1  大学の組織運営の改善
(1)  教育研究システムの柔構造化


 大学の個性化・活性化を進めるため,これまで教育課程編成や履修形態の多様化,入学資格や修業年限の弾力化,設置認可の改善,任期制の導入等を進めてきました。また,国立大学については評議会,教授会の運営改善や学外者による運営諮問会議の導入等の措置を講じてきました。

 このような大学の組織運営における改革の一環として,平成13年3月に大学設置基準を,さらに同年6月に国立学校設置法を改正し,大学の教員の組織編制について,講座制又は学科目制に限らず,それぞれの大学において柔軟に編制することを可能としました。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ