ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   21世紀の教育改革
第4章  新しい時代に対応した学校づくり
第2節  教員の資質能力の向上に向けて
1  基本的考え方


 学校教育の成否は,その直接の担い手である教員の資質能力に負うところが大きいと言えます。特に,これからの教員には,変化の激しい時代にあって,子どもたちに自ら学び自ら考える力や豊かな人間性などの「生きる力」を育成する教育を行うことが期待されており,そのためにも,魅力ある優れた教員を確保していくことが,ますます重要となっています。

 こうした教員の資質能力は,養成,採用,研修の各段階を通じて生涯にわたり形成されていくものであり,その向上のためには,各段階を通じた関連施策の体系的な推進が必要です。このような観点から,文部科学省では次のような取組を進めています。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ