ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   21世紀の教育改革
第3章  「才能の伸長や創造性の育成」を目指して
第4節  科学技術創造立国のための科学技術・理科教育の推進
1  基本的考え方


 我が国が21世紀にも引き続き活力にあふれ,豊かで安全,安心な社会を構築するためには,科学技術のより一層の振興を図り,世界の先頭に立って新しい知識の創造や技術革新を行う「科学技術創造立国」を実現していくことが必要不可欠です。そのためには,知的創造力が最大の資源である我が国にとって,青少年をはじめ国民に科学技術や理科に対する興味・関心を培い,将来の科学技術の担い手である人材を幅広く育成することが極めて重要な課題です。

 しかしながら,昨今,青少年をはじめ国民の科学技術離れ,理科離れへの懸念が様々な場面で指摘されています。例えば国立教育政策研究所の追跡調査によると,学校段階が上がるにつれて理科が面白く感じなくなる傾向があり,「理科が面白い」と感じる小学校5年生は80%を超えていますが,中学校2年生では60%強に減り,高校生になると50%強にまで低下しています( 図1-3-7 :理科がおもしろいと感じる生徒の割合)。またIEA(国際教育到達度評価学会)が1995年(平成7年)に実施した第3回国際教育・理科教育調査及び1999年(平成11年)に実施した第3回国際教育・理科教育調査の第2段階調査の調査結果を見ると,我が国の中学2年生の成績は,シンガポールや韓国などとともにトップクラスであり,また,同一問題の正答率も過去と比較して落ちていません( 図1-3-8 :数学,理科の成績の国際比較)。しかし,その一方で,理科の学習が「好き」だとか「楽しい」とする生徒の割合は,国際的に見て最低レベルにあり,また,「理科は生活の中で大切」,「将来,科学を使う仕事がしたい」とする生徒は国際平均値を大きく下回り最下位です。また,科学技術政策研究所が国民の科学技術上の関心について比較した結果を見ても,{1}新たな科学的発展,{2}新たな発明・技術の利用,{3}新たな医学的発見への関心度は,我が国は極めて低くなっています( 図1-3-9 )。

■図1-3-7■理科がおもしろいと感じる生徒の割合

■図1-3-8■数学,理科の成績の国際比較

■図1-3-9■科学技術上の関心に関する国際比較

 こうした状況を踏まえ,児童生徒の学ぶ意欲や知的好奇心,探究心を高めるため,小・中・高等学校においては,観察・実験や課題学習などの体験的・問題解決的な学習を重視し,そのために必要な設備の充実を図るとともに,大学や研究機関,地域の科学館,博物館等との連携による科学技術に親しむ学習の実践や社会で活躍する理工系人材の姿を示すことのほか,社会全体の科学技術リテラシーの向上を図り総合的な政策展開を図っていくことが重要です。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ