ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   21世紀の教育改革
第3章  「才能の伸長や創造性の育成」を目指して
第1節  子どもたちの学習の現状とこれからの時代に求められる学力
2  国際数学・理科教育調査


 国際教育到達度評価学会(IEA)が実施している国際数学・理科教育調査の結果によると,我が国の子どもたちの知識や技能は国際的に見て高い水準に位置しています。

 また,過去に行った中学校の数学・理科のテスト問題のうち同一問題の正答率を比較してみても低下傾向は見られません。

 これらのことから,我が国の子どもたちの成績は戦後一貫しておおむね良好であると言えます。

 しかしながら,その一方で数学・理科に対する意識について見た場合,数学や理科が好きであるとか,将来,数学や科学を使う仕事がしたいと思っている生徒の割合が国際的に見て低いレベルにあるという問題点が指摘されています。

■図1-3-1■

■図1-3-2■

■図1-3-3■


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ