ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  付属資料
1.  主要国の技術水準及び技術開発力水準の算出根拠
(2)  技術開発力水準の算出


ここでいう技術開発力水準は,新製品,新技術を自主的に開発する能力の水準であると考え,技術開発力を表わす指標であると考えられる,1)技術水準,2)研究開発資源の投入量,3)研究開発の成果の三つを取り上げて,技術水準の算出と同様な方法で国際比較を行った。

第1表 技術水準


まず技術水準は,その国の技術の蓄積量を表わすものであり,それは当然,技術開発力に影響を与えるものと考えて技術水準を一つの指標とした。

次に,技術開発を進めていく上での重要な投入資源として研究費及び研究者数を取り上げ,その投入量をそれぞれ技術水準を算出した時と同様の方法で指数化し,両者の幾何平均値を研究開発資源の投入量として一つの指標とした。更に,技術開発力の高さは,研究開発の成果の量及び質で見ることができるが,それを表わす指標として技術輸出額と国外で取得した特許件数を取り上げ,それぞれ同様に指数化し,両者の単純平均値を求めた。

これらの三つの指標の指数を単純平均して技術開発力水準の総合指数を求めると第2表のとおりである。

第2表 技術開発力水準



前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ