ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第4章  国際交流の動向
1  国際機関における活動
(3)  国際学術連合会議(ICSU)など


国際学術連合会議(ICSU)は,非政府機関の国際学術連合組織として,科学を人類の福祉に役立たせるためにその国際的な奨励を目的とし,特に,自然科学の分野における学術団体の活動の促進及び諸国際学術団体の調整のための機関として重要な地位を占めている。正会員は現在65のナショナルメンバー(各国科学アカデミー,学術研究会議など)と18のサイエンティフィックメンバー(各種の国際学術連合)とからなり,我が国では日本学術会議がナショナルメンバーとしてこれに加盟している。このほか,準会員として,2つの準ナショナルメンバーと12の準サイエンティフィックメンバーとがある。

ICSUは,現在,内部の各種の科学委員会や他の組織との協力委員会を設置するなどにより,国際共同事業を発展させ,国際的規模による学術活動を促進している。我が国が参加している国際協力事業としては,南極地域観測,国際地球内部ダイナミックス計画(GDP),地球大気開発計画(GA RP),太陽地球環境国際監視計画(MONSEE),国際磁気圏観測計画(IMS)などがある。以上の国際協力事業のほかにも共同研究として,宇宙飛しょう体による宇宙空間観測計画,海洋研究計画,国際水資源の研究と合理的利用の問題研究,複合領域内における特定問題の研究,人間,生物の生存環境に関する問題の研究,環境問題の研究及び科学教育に関する研究を実施している。また,開発途上国における科学技術の促進のための活動,科学技術データの国際的な収集,配布などの活動を続けるとともに,科学者の自由交流の問題や,遺伝子の組替えの問題を始め農業科学の問題などについても積極的に取り組んでいる。

アジア科学協力連合(ASCA)は,アジア,オセアニア諸国間の科学技術協力を推進するため各国の科学技術政策に関する情報交換などを行うとともに,科学技術分野の共同研究開発の実施について積極的に検討を進めている。1975年4月,キャンベラで開催された第4回会議では,域内諸国の共通関心分野(主要食糧の高収量品種,家族計画,食用蛋白,薬用・香料植物,新エネルギー源などの15分野)が明らかにされ,その実施方策などについて検討が進められることとなった。また,第5回会議が1976年4月,バンコク(タイ)で開催され,引き続き共通関心分野の協力の可能性を検討した。なお,我が国は,1976年11月に,主要食糧の高収量品種(水稲)に関するセミナーを開催し,多数の国からの参加が得られた。1977年度には計量標準に関するセミナーを開催すべく準備を進めている。

東南アジア開発閣僚会議は,1974年11月,マニラで第9回会議が開催され,第8回会議に引き続き東南アジア医療保健機構,東南アジア工科大学設置問題などを検討した。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ