ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第3章  技術貿易及び特許出願の動向
2  特許出願
(2)  主要国の特許出願活動


主要国の特許出願件数を見ると,我が国が世界で最も多く,昭和50年においては159,821件になっている。以下,ソ連119,163件(発明者証を含む),アメリカ101,014件,西ドイツ60,095件,イギリス53,400件,フランス40,437件の順になっている (第2-3-18図) 。また主要国の対自国及び対外国特許出願件数の推移を見ると,我が国を除いたアメリカ,西ドイツ,イギリス,フランスなどの各国はいずれも漸減傾向にある。また,我が国の対外国特許出願件数が対自国件数に比して少ないのが目立つ (第2-3-19図)

主要国の特許出願収支を見ると,アメリカの出超件数は漸減傾向にあるというものの断然大きく,昭和50年で56,456件となっている。アメリカ以外の出超国は西ドイツ30,913件,スイス8,623件,日本2,963件であり,一方入超国はイギリス8,156件,フランス4,907件などである (第2-3-20図)

第2-3-16図 日本人の主要国への特許出願件数の推移

第2-3-17図 我が国の相手国別特許出願収支バランスの推移

第2-3-18図 主要国における特許出願件数の推移

第2-3-19図2主要国の対自国及び対外国特許出願件数の推移

第2-3-20図 主要国の特許出願収支バランス


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ