ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第3章  技術貿易及び特許出願の動向
2  特許出願
(1)  我が国の特許出願活動


我が国における特許出願件数は近年大幅な増加傾向を示していたが,昭和51年は161,016件で前年比0.7%増(実用新案は178,842件で前年比1.0%減)とほぼ前年並みであった (第2-3-13図)

特許出願を部門別に見ると,昭和50年は化学が37,936件(シェア24.1%)で最も多く,次いで機械は37,513件(23.9%),弱電32,507件(20.7%)と続いている。前年比では農林水産22.3%増,弱電11.3%増,機械11.1%増,運輸機器・建設10.8%増の順であった。部門別の外国人特許出願比率はどの部門もここ数年減少傾向にあったが (第2-3-14図) ,51年の外国人による我が国への特許出願を見ると,25,254件で前年比2.2%増と,わずかながら上昇傾向を示し,総件数に占める外国人比率は15.7%となった。国籍別のシェアではアメリカ43.6%,西ドイツ19.0%,イギリス7.4% フランス6.2%,スイス6.2%の順になっている (第2-3-15図)

一方,日本人の外国への特許出願活動は年々活発化していたが,50年は27,666件で前年比17.3%減と大幅に減少した。相手国別のシェアでは依然としでアメリカ31.0%,西ドイツ15.6%,イギリス13.1%,フランス8.8%の順になっでいる (第2-3-16図)

また,我が国の特許出願収支バランス〔(日本人の外国への特許出願件数)一(外国人の日本への特許出願件数) 〕は昭和50年で2,963件出超となっている。主要相手国別では出超がイギリス1,710件,フランス885件,オーストラリア653件,入超がアメリカ1,924件,スイス692件,西ドイツ456件となっている (第2-3-17図)

第2-3-13図 特許,実用新案の出願件数の推移

第2-3-14図 部門別特許出願件数の推移

第2-3-15図 外国人の我が国への特許出願件数の推移


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ