ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第3章  技術貿易及び特許出願の動向
1  技術貿易
(2)  主要国の技術貿易の動向


主要国の技術貿易を見ると (第2-3-1表) ,技術輸出ではアメリカの4,285百万ドル(昭和50年)が圧倒的に大きく,フランス1,332百万ドル(50年),イギリス465百万ドル(49年),西ドイツ308百万ドル(50年),日本173百万ドル(51年)を断然引き離している。技術輸入では,大差はなく,日本846百万ドル(51年),西ドイツ834百万ドル(50年),フランス1,035百万ドル(50年),アメリカ433百万ドル(50年),イギリス413百万ドル(49年)となっている。この結果,技術貿易収支比(対価受取額/対価支払額)は,アメリカ9.9(50年)がトップにあり,次いでフランス1.29(50年),イギリス1.13(49年)となっている。西ドイツ0.37(50年)は,比較的我が国0.20(51年)に近い。また,技術,貿易収支額で見ると (第2-3-5図) ,アメリカの出超額が年々増加しており,50年には3,852百万ドルに達している。我が国においては,昭和48年以降入超額が減少しつつあったが,51年度には再び増加し,673百万ドルの入超となった。

第2-3-5図 主要国の技術貿易収支額の推移

第2-3-1表 主要国における技術貿易額の推移


次に,技術貿易面で大きなウェートを占めるアメリカの技術貿易を考察する( 第2-3-6図 , 付属資料21 )。1975年に関して相手国別に見ると,技術輸出ではカナダ向け603百万ドルが最も多く,以下,イギリス554百万ドル,日本458百万ドル,西ドイツ391百万ドル,フランス310百万ドルと続いている。一方技術輸入でもカナダがトップで96百万ドル,次いでイギリス82百万ドル,西ドイツ46百万ドルの順になっており,我が国からはわずか4百万ドルに過ぎない。この結果,技術貿易収支ではいずれの国に対しても出超であり,カナダ507百万ドル,イギリス472百万ドル,日本454百万ドル,西ドイツ345百万ドル,フランス291百万ドルの順になっている。

アメリカの技術貿易を直接投資関連と,直接投資非関連とに分けた場合, 注) ここ10数年,直接投資関連分が技術輸出の約8割,技術輸入の約5割を占めており,この割合はあまり変化していない。アメリカの技術輸出のうち,直接投資関連分の占める割合は,我が国が最も大きく1975年で49.6%となっている。しかしながら,我が国への直接投資非関連の技術輸出が1973年をピークに減少しつつあるのに対して,直接投資関連分は着実に増加しているため,我が国に関する直接投資非関連分の割合は次第に小さくなる傾向にある。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ