ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
2  海外における科学技術情報活動の動向
(1)  アメリカ


アメリカでは,科学技術情報活動の中心となる機構として連邦科学技術会議内に科学技術情報委員会(COSATI)が,また,行政機関である国立科学財団(NSF)内に科学情報サービス局(OSIS)が設置されており,それぞれ科学技術情報活動に関する基本政策の立案,情報科学技術に関する研究開発の振興及び民間の情報サービス活動の活発化のための種々の助成措置を行っている。NSFの統計によれば,1975年度には情報の処理流通を始めとする活動に対して連邦政府全体では,1,400億円以上が投入されている。NSF自身は民間における情報活動の振興のために年間約20億円の助成を行っている。

情報の処理流通に関しては,科学技術の全分野にわたる総合的なシステムはなく,化学,物理,生物,医学など個別の分野の情報システムの整備に重点が置かれている。これら各分野の活動は学協会により推進される例が多く,システムの開発や改善に対してはNSFから助成が行われている。

また,総合的なシステムはないが,それを補い各システムを相互に連携させる役割を果たすものとしては,クリアリング(情報案内)機関が整備されており,それぞれの機能に応じてスミソニアン情報交換機関(SSIE,研究テーマの案内),国立科学技術レファラルセンター(NRC,機関・研究者など情報源の案内)及び国立技術情報サービス(NTIS,政府刊行物の公知と提供)がある。これらを通じて利用者は的確な情報源へ案内されることになる。

上記の個別情報システムとしては,国立医学図書館のMEDLARS,米国化学会のCAS,生物分野のBIOSISなどがあり,これらは国内における情報活動を背景に国際的にも相当進出している状況にある。

アメリカの場合,電子計算機と通信の結合が進展するとともに,情報サービス事業はますます機械化され,MEDLINE(医学情報のオンラインネットワーク)を始めとする広域ネット,ワークの形成が進み,ほぼ全国で任意の科学技術情報のオンラインによる検索が受けられるようになっているー方,情報分析機能の育成にも力を注いでいることが特徴である。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ