ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   安定成長下における技術開発推進への課題
第3章  技術開発推進への課題
第2節  国内技術移転の促進


これまで我が国は海外からの知識・技術の導入によって,ある場合は直接的に技術水準を向上させ,また,ある場合は導入技術の消化・吸収過程に培われた技術開発力の向上を通じて比較的短い期間に極めて効率的な技術水準の向上を図ってきた。

同じように,これを個々の企業から見た場合,もし,自社にはないがそれを導入することによって同様な効果を上げうる利用可能な技術が国内にあるならば,国内での技術導入によっても同様な効果を上げ得る可能性があると言えよう。既に見てきたように今日の我が国の技術水準,すなわち保有する技術の蓄積は,総体的に見ると戦後の高度経済成長過程を通じて相当の水準に達しているが,このような国内に蓄積された技術を相互に交流し,その活用を図ることによって,今後,個々の企業において効率的な技術開発の推進が図られ,技術開発力や技術水準が向上し,それを通じて国全体の水準を引き上げることが期待される。

以上のように,今後,我が国の技術進歩を図る上で技術移転はその有効な一手段となることが期待されるが,その効用を具体的に述べれば次のようになる。

第1には,研究投資の重複を避け,効率的な技術開発を進めることができることである。既にある技術を重複して開発することは,多様で層の厚い技術開発を促進する面もあるので,一概に非効率であるとは言えないが,限られた研究費を効率的に活用するためには企業間の技術交流を活発化し,各企業で同一技術を開発することによる重複投資は極力回避することが重要である。

第2には,科学技術の高度化,複雑化に対応した効率的な技術開発を進めることができることである。

近年,科学技術はますます高度化,複雑化し,従来の単一技術のみでは解決できない技術分野が増加し,いわゆる技術の複合化が進んでいる。

一方,近年,世界的に革新的な技術の出現が頭打ちになってきており,今後は既存技術の改良や組合せ(システム化)を図ることによって新しい技術革新の達成を図ることが重要となっている。

このような技術の複合化に対応し,また,既存技術のシステム化による技術開発を進める場合には,多数の専門家,多額の研究投資と長期の研究開発期間を必要とし,一企業での対応が困難な場合が多い。このような場合に各企業の保有する技術を相互に交流し,補完し合っていくことが,技術開発を促進し,また,研究投資の効率的な運用を図る上で大きく貢献すると言えよう。

第3には,大企業に比べれば相対的に水準の低い分野が多いとされている中小企業の技術水準及び技術開発力を効率的に向上させることができることである。

中小企業においても産業構造の高度化,開発途上国の追い上げ,消費需要の多様化など社会経済環境の変化に対応するためには,一層の技術の高度化を図ることが要請されており,技術移転はこのような中小企業の技術水準及び技術開発力を引き上げる補完的な手段として即効性があると言えよう。

第4には,国民生活の質的充実を図る上で,社会からの要請の大きい住生活の改善,環境の保全,事故・災害の防止,医療・福祉の充実などのいわゆる社会開発分野における技術開発を進める上で有効なことである。

従来の我が国の科学技術は産業活動面では大きく寄与してきたが,社会開発面への寄与は相対的に立遅れている。今後,産業分野の技術を移転させることによっても社会開発分野の技術進歩を図り得る可能性が大きい。

以上のような観点から,本節では,国内に蓄積されている技術を活用することが,我が国における技術水準及び技術開発力を向上させるための効率の良い手段になりつつあるという認識を深め,その手段である技術移転についてその現状と問題点を探り,今後の方向を探ることとする。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ